コーリングカード-格安国際電話のかけ方-

面倒な手続き要らずでかけ方も超簡単。
なのに格安に国際電話がかけられるコーリングカードって?


 アメリカに住んでいた時に、国際電話に使っていたのがコーリングカード。国際電話なのにめちゃくちゃ安い。 アメリカから日本だと、国際電話でも1分5円くらいでかけれる。コーリングカードは日本のテレフォンカードとは違い、 カードそのものを使うのではなく、そのコーリングカードのIDを使う仕組み。 実際ネットで手に入るコーリングカードはカード自体は存在せず、IDとパスワードだけだったりする。 国際電話カードと言われたりもします。 かけ方は簡単。家の電話からフリーダイヤルにかけて、IDとパスワードを押す。 次に相手の(国際)電話番号。そしたらつながる。基本的に家の電話と同じ感覚でかけられるのに、 国際電話の場合コーリングカード使ってかけるだけで料金が何十分の一になっちゃうという、超お得なシステムなのです。

 逆に日本から国際電話をかける場合、アメリカに限ればIPフォン、もっと言えばBBフォンが安い。 でもそれには普通加入したりとか時間かかるし、IPフォンに変えるのって抵抗ある人もいると思う。 そこで国際電話におすすめなのはやっぱりコーリングカード。探したら日本にも安い国際電話用コーリングカードがちゃんとありました。 実際使ってみたけど音質も良いし、全く問題なし。購入も超簡単。クレジットカードがあればネットで申し込んで 5分後には使えるし。コーリングカードってのは先払いで、例えば2000円分とか前もって購入するので かけすぎて請求がやばいことになるなんてこともないし、電話するたびに「あと何分話せます」って教えてくれるから いくらくらい残ってるかも毎回わかる。ネットで残金も見れるし。もし前払いが面倒なら後払いができるのもあります。

いくつか使ってみた中で一番安くておすすめできるコーリングカードが、 これ。

VIVAPLUS

コーリングカードのポイントを整理すると
@とにかく安い。NTTやKDDIと比べたら十分の一なんて当たり前。アメリカ、イギリスまで1分5円。特筆すべきは南米の安さ。 サンパウロなんて1分8円。日本で携帯使うより安く国際電話がかけられる。
A簡単。こーリングカードはプリペイドみたいな感じなので工事とかは当然要らない。

というわけで国際電話かけるならコーリングカード使わないと損です。

日本から各国への国際電話(コーリングカード)比較表(1分あたり/単位:円)
国際電話会社 アメリカ イギリス オーストラリア 中国 タイ フィリピン
VIVA PLUS 11 11.1 13.2 10 17.1 25
新華国際 19 18 21 15 27 30
ICS 12.9 15.9 26.9 32.9 58 39
KDDI 60 150 210 170 190 180

ちなみにアメリカからの国際電話におすすめなコーリングカードはコーリングカードドットコム。

http://www.callingcards.com/  





  <コーリングカード-格安国際電話のかけ方->

コーリングカード 格安国際電話のかけ方
国際電話掛け方 国際電話のかけ方 国際カード

(コーリングカード-格安国際電話のかけ方-)