法務省の在留外国人統計により日本に住む外国人について調べてみよう。同統計は国籍別の在留外国人について男女年齢別の人数を掲載している。ここでは、これを利用し、人数の多い中国人、韓国・朝鮮人、ブラジル人、フィリピン人の人口ピラミッドを描いた。国籍別の人数推移や日本に来た経緯などについては図録1180でふれているので参照されたい。

 国籍別に非常に異なる多様な特徴をもっている点が目立っている。

 ニューカマーの多い中国人は20歳代男女が非常に多くなっている。男より女の方が多い。子連れは少ない、といった特徴もある。

 戦前からの特別永住外国人が多い韓国・朝鮮人では、男女とも、全年齢層にわたっている点が他の外国人と異なる。15歳以下はやや少なくなっているが、在日2世、3世、4世とだんだん日本の国籍取得も多くなっている影響だと思われる。

 日系人が中心のブラジル人については、30代、40代の男女とその子どもが多くなっている。男の方が女よりやや多くなっている。

 フィリピン人については、40歳代までの女性が中心であり、男は少数派である点が他国とは顕著に異なっている。大人と異なり、20歳未満の子どもでは男女数に違いがなく、大人のフィリピン女性が連れている子ども達だと考えられる。

(2010年7月12日収録、2012年4月30日更新、2015年5月13日更新)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 人口・高齢化
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)