女性ファッション誌への読者モデルとして登場した女子大生の延べ人数の多い順に大学名と登場人数を掲げた。取り上げられている女性ファッション誌はCanCam、JJ、ViVi、Rayの4誌である。

 2015年には、上位2位までの大学から、各々、延べ100人以上の読者モデルが登場している。上位2位までの大学は、早稲田大、青山学院大である。この2校に続いて多いのは、立教大、日本大、学習院大となっている。いずれも東京の大学である。

 ファッション誌別の内訳を見ると実践女子大ではJJが多く、早稲田大、関西大、麻布大ではCanCamが多く、フェリス女学院大、青山学院大ではViViが多く、立教大、学習院大、明治大ではRayが多いというような大学ごとの特徴もある。

 母数である女子学生の人数が多ければ読者モデルになる人数も増えるだろう。大学によって読者モデルが多いかは対女子学生数で見る必要がある。2番目の図には、登場人数を女子学生数で割った登場比率を高い順に掲げた。上位4位は、フェリス女学院大、麻布大、学習院大、横浜市立大である。早稲田大や日本大は女子学生自体が多いので人数規模では上位であるが、登場比率では下位かランク外となっている。神戸松蔭女子学院大は、2012年には8.03%と10人に1人近くが読者モデルになっているというから驚いたが、その後は比率がかなり低下している。

 原資料の読者モデルランキング調査が始まって以来のこれまでの推移を下表に掲げた。2015年にははじめて早稲田大がトップとなった。従来の早稲田大出身者には意外な感じがするだろうが、早稲田大には女子学生が増え、おしゃれに着飾る学生も増えたのである。原資料2017年版の解説によれば、早稲田大の読者モデルには、帰国生が多く、あか抜けた雰囲気を醸す国際教養学部の学生が目立つという。逆に、かつて上位を占めていた慶應義塾大は2015年には10位とずいぶんとふるわなかった。同大の女子学生によると将来のキャリアアップに向けての勉強を優先させているとする分析がきかれるそうである。

読者モデル大学ランキング(4誌合計)の推移
順位 1997年 2003年 2007年 2011年 2015年
1 慶應義塾大 甲南女子大 青山学院大 青山学院大 早稲田大
2 成城大 慶應義塾大 慶應義塾大 中央大 青山学院大
3 立教大 立教大 神戸松蔭女子学院大 大妻女子大 立教大
4 共立女子大 学習院大 立教大 早稲田大 日本大
5 青山学院大 神戸松蔭女子学院大 成蹊大 神戸松蔭女子学院大 学習院大
6 清泉女子大 日本女子大 神戸女学院大 立教大 上智大
7 大妻女子大 青山学院大 成城大 学習院大 フェリス女学院大
8 早稲田大 成城大 日本大 日本大 明治大

 20人以上の27校は、人数の多い順に、早稲田大、青山学院大、立教大、日本大、学習院大、上智大、フェリス女学院大、明治大、日本女子大、慶應義塾大、関西大、横浜市立大、麻布大、跡見学園女子大、成城大、中央大、法政大、明治学院大、大妻女子大、帝京平成大、関西学院大、東京家政大、駒澤大、実践女子大、桜美林大、甲南大、名古屋外国語大である。

(2011年11月15日収録、2013年8月19日更新、2014年7月1日更新、2015年5月23日更新、2016年4月30日更新)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



サイト内検索
関連図録リスト
分野 教育・文化・スポーツ
テーマ 大学ランキング
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)