第2次世界大戦における軍人の戦死者数と民間人の犠牲者数については、諸説があるが、ここでは、「タイムズ・アトラス 第二次世界大戦歴史地図 」のデータを元にグラフ化した(日本は厚生労働省資料)。

 日本について、国内・海外の別に数字を示すと以下の通りである。各地における民間人の空襲被害については図録5226e、図録5226d参照。

日本人の犠牲者
  国内 海外
軍人・軍属 20万人 210万人 230万人
民間人 50万人 30万人 80万人
民間人
犠牲者
が多か
った主
な戦闘
東京大空襲 10万人    
広島原爆投下 14万人    
長崎原爆投下 73,884人    
沖縄 9万4千人    
(資料)毎日新聞HP(数字は証言する〜データで見る太平洋戦争〜

 戦死者数については、ソ連の1450万人が図抜けて多く、ドイツの280万人、日本の230万人がこれに次いで多くなっている。中国が130万人、そして中東欧のオーストリア、ポーランド、ルーマニアも、それぞれ40〜85万人と多い。

 英国、フランス、イタリア、米国は、20万人台であるが、米国が29万人とそのなかでは最も多い。

 民間人の死者数では、中国、ソ連、ポーランドで600〜1000万人と犠牲者が多く、ドイツが230万人で続いている。日本80万人の他、オランダ、チェコスロバキア、ルーマニアなども、英国、フランス、イタリアを上回る民間人犠牲者を出している。

 日本、ドイツ、オーストリア、チェコなどで、「もし戦争が起こったら国のために戦うか」という問いに対して、「はい」と答える者が相対的に少ない背景には、これらの国の戦争犠牲者の多さが反映していると考えられる(図録5223参照)。

 なお、アジア太平洋戦争におけるアジアの犠牲者数、及び日本の戦没者の地域別のデータについては、図録5225に、空襲被害の日欧比較は図録5227bに掲げた。

 参考までに、第二次世界大戦以後も戦死者を多く出している米国の主な戦争別の戦死者数を以下の表に掲げた。内戦である南北戦争における戦死者が如何に多かったかがうかがえる。

米国兵士の主な戦争別戦死者数
独立戦争 1.2万人
南北戦争* 62.0万人
第一次世界大戦 11.2万人
第二次世界大戦 32.2万人
朝鮮戦争 5.4万人
ベトナム戦争 5.8万人
(注)北軍:36万人、南軍:26万人
(資料)「最新世界史図説タペストリー 四訂版」帝国書院

(2006年9月4日収録、2015年8月14日「日本人の犠牲者」表追加)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



サイト内検索
関連図録リスト
分野 行政・政治
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)