Q&Aのページ  (最終記帳 2016/04/28)   トップページへ    

お化粧全般について 

アロエ全般について

そもそもアロエって何ですか?

A、植物の一種類です。ユリ科の多肉植物で、葉の中に水分を保有できます。
  世界で1500種程ありますが日本ではキダチアロエ、アロエベラが有名です。

Q、アロエは何に良いのですか?

A、人々は世界各地で昔から、体の具合が悪い時これを食べたり患部に張ったりして
  治してきました。現代では化学的分析が進み、体に良い成分がたくさん見つかって
  います。詳細はメニュー欄「成分・効能」から見る事ができます。
    お買い求めている方の8割位は便秘等、胃腸関係で利用しています。

アロエの食品として

Q、どんな商品があるのですか?

A、乾燥葉、粉末、粒、エキス、お茶、ジュース等があります。

Q、その違いは?

A、乾燥葉は輪切りに乾燥させたもの。お茶にしたり、焼酎付け、蜂蜜付けで使います。
  粉末は葉の成分ごと乾燥し粉にしたもの。賞味期限が長く便利です。
  粒は上の粉末を圧力で粒にしたもの。苦さを感じず飲むことが出来ますが割高です。
  エキスはアロエを搾りこんだもの。即効性がありますが、開封後賞味期限が短いのが欠点。
  緑茶、ほうじ茶等にアロエ乾燥葉を混ぜたお茶やアロエエキスを入れたジュースもあります。
  これらの商品は粉末、エキスに比較すると当然効果は低くなります。
  人気のアロエヨーグルトにはアロエの効能がないとメーカーの正直な発言があります。

Q、色々な粉末があるのになぜこのメーカーにこだわるの?

A、この会社は30数年前からお付き合いしてますが、輸出の厳しい審査(大腸菌等の雑菌数)をクリア
  する完璧な製品を作っているからです。安心安全な健康食品である事は間違いないからです。
  初期の頃は肥田先生も在籍、素晴らしい製品を生み出しています。

Q、粉末の効果的な飲み方は

A、食後、お茶やジュース、ヨーグルトなどにティースープンすりきれ一杯(約0.6g)を目安に食します。
  夕食後、湯冷ましした緑茶で飲むのがベストかと思っています。アロエの効果が葉緑素により
  より引き出されるような気がしてならないからです。

Q、粉末を飲むにあたって注意することは?

A、飲み過ぎるとお腹がゆるくなる事があります。ご自身で適量を探します。
  湿気ないよう、缶やビンに保管する事も大切です。
  長く保管していると色が薄くなってきますが、効果にそれ程の影響はないようです。

アロエの化粧品として

Q、どうして化粧品に入れると良いの?

A、そもそも話は「アロエは火傷に付けると治る」という言い伝えからです。
  火傷の痕が残らないのには何か良い成分があるに違いないと研究が始まり、
  アクロチン、アロエウルシンを始めとする抗炎症、抗菌性、細胞再生力などの働きが分かりました。
  アロエの第一人者、添田百枝先生の功績が非常に大きいと思います。
  そして、アロエの軟膏、ハンドクリームが作られるようになりました。
  店で取り扱っている「アロイズオイル」はアロエの液を30倍まで煮詰めに煮詰め、オイルに練り込んだ
  ものです。30倍の液体を見たときは感激しました。他社の製品にはどれ程入っているか分かりませんが、
  この製品にはいやっと言うほどアロエが入っています。

Q、理想的化粧品とは何んですか?

A、肌に害の少ないもの。肌に有益なものですね。作る側から一番難しいと思うのは下記のようなケースです。
  指定成分を入れないものを作る→パラベンを入れない→使用中、雑菌が入り繁殖する→肌に障害起こす。
  防腐剤をいれない実験をした時、1週間後位から液体の中に白いワタのような物が繁殖し始め、びっくりしました。
  結論としてこれらを回避するには肌に害のない程度のパラベンを使用することにしました。
  「指定成分なし」でフェノキシエタノールを入れる事は私の心情に合いません。パラベンと何ら変わりありません。
  指定成分明記の法律以後に作られたので網をくぐり抜けているだけだからです。
  http://www.vc-lab.com/s67.html
  「シワがなくなる」「シミがとれる」等の言葉は薬事法上、使用禁止です。
  こんな言葉の使われた商品は買うべきではありません。

Q、自社製品のアロエジェルは如何なものですか?

A、アロエのゼリーの部分をいかにたくさん入れるかが最大の課題でした。粉末を溶かして入れる濃縮還元法では
  製造途中で肝心な成分が死んでしまい意味がありません。当初、65%迄、生のジェルを入れることが出来ました。
  それ以上入れるとコズミ 「こすると消しゴムの様な物」 が出てしまいダメでした。その後技術の進歩で現在の
  69%まで入れることが出来ました。単純な化粧水のものが、お客様のいろいろな使い方を知り感激しています。

Q、アロエモイスチャークリームはどんなクリームですか?

A、このクリームはアメリカのカリマという会社が日本に持ち込んだのが始まりです。日本では伊藤忠商事出資で
  カリマジャパンが販売をはじめました。今から35年位前の事だと記憶してます。その後、営業権が移動し、
  この優秀なクリームを永続させなくてはと有志が販売しています。北海道の優良メーカーがより良く改良し、
  無指定成分、無香料、無着色は当然です。有名な宝塚出身の女優さん(名前は出さないよう言われています)
  が後輩に渡すのか大量に買われているそうです。とにかく立派なクリームです。

Q、石けんでは天然石けんや最近では手作り石けんを販売されていますね。こだわりは何ですか?

A、人に優しい石けんを作りたいの一心です。もともと凄い敏感肌ですので、普通市販の石けんを使うとピリピリと
  したり、クシャミが止まらなくなったりと子供の頃から石けんにはアレルギーがありました。
  でも、オリーブやココナッツの天然石けんを使うと何ともない事が分かりました。工業製品の石けんに含まれる
  何かの成分がアレルゲンである事は間違いありません。
  アレッポ、メッセゲのサボンラバンダのような石けんを作ろうと思い立ったわけです。

Q、実際の石けん作りはいかがですか?

A、まったく、めちゃめちゃ難しいです。今現在54種類を作っていますが、完璧な物はまだ出来ません。凄い所は
  同じ原料、同じ量、同じ温度で混合しても同じ物が出来ない事です。理由ははっきり分かりませんが、その日の
  気温、湿度、部屋内の風の流れ。各容器の温度、各オプションの温度等微妙な違いが影響していると思います。
  出来上がった石けんはすべてチェックして納得のいく物を売らせて頂いてます。

  とにかく、失敗の連続でした。危険な苛性ソーダにも注意が必要ですし、湯せんの熱湯にも油断ができません。
  香りの原料であるエッセンシャルオイル一つとっても、石けん生地となじまず分離したままとか、シナモンのように
  解けきらないケース。カサブランカのようにのエッセンシャルオイルを抽出するのに400gから7時間湯せんして
  やっと4g出来るだけ。時間省略の為レンジにかけたらすべて蒸発して何もなし!
  新たなものを作る時には簡単に出来るなんて事はありませんね。
  何にもしなければ進みません。失敗の繰り返しでも、そこから何かヒントを得、一歩でも前進できればと思います。    
  満足のいく同じ品質ものを何時でも作れるよう頑張ります。

Q、カサブランカ入りの石けんはかなり高価な気がしますが?

A、申し訳ないほど高いと思います。そもそも石けんに入れられるカサブランカの香料が見つからないのです。
  いろいろ取り寄せてみましたが、香りが違ったり、化学合成品だったり、希釈の為にグリセリン系の物が入って
  入たりと使い物にならないビンばかりが残りました。そして現在、前記の方法でカサブランカのオイルを抽出
  しているわけですが、1リットルの希釈された製品(けっこうな値段)から10gしか取れません。要はカサブランカの
  香料がめちゃめちゃ高いという事です。実験製作中の香料でうまく行けばもっとお安くする事が出来ると思います。
  現在、納得のいくカサブランカオイルがありませんのでフローラル系に切替えています。(2016/04)

Q、次のチャレンジは何を考えていますか?

A、ジャムですね!販売するかは分かりませんが、いろいろなフルーツを使った、ペクチンなしの無害ジャム
  を作りたいと思います。当然すべてにアロエは入れますよ。
  今日現在、アップル、形残しアップル、いちご、小粒いちごと成功しています。ただ甘さの好みに個人差があるので
  販売以前に、まず自分で満足納得のいくレシピの作製かと思っています。

 

----------------------------------------------------つづく--