日本人が食べている野菜としては、実際のところ、何が多いのであろうか。これを摂取量、購入数量、支出金額のランキングから調べてみよう。なお、好きな野菜のランキングは図録0334に掲げたように、キャベツ、たまねぎ、大根の順である。

 摂取量は、個別品目の量は多くないが、厚生労働省の国民健康・栄養調査で調べられている。野菜11品目の摂取量は多い順に、たまねぎ 、大根 、キャベツ、じゃがいも、にんじん 、トマト 、はくさい 、ほうれん草、きゅうり 、さつまいも、ピーマン である。

 男女別の違いが目立っているのは、たまねぎ、キャベツ、じゃがいもで男性の方が多く、トマト、さつまいもで女性の方が多いことである。

 家計での購入数量(二人以上の世帯)の23品目のランキングは、多い順に、キャベツ、たまねぎ、だいこん、トマト、じゃがいも、にんじん、はくさい、きゅうり、もやし、レタス、ねぎ、かぼちゃ、なす、ブロッコリー、ほうれんそう、さつまいも、ピーマン、さやまめ、さといも、ごぼう、生しいたけ、れんこん、たけのことなっている。

 一方、家計での支出金額(二人以上の世帯)の23品目のランキングは、トマト、たまねぎ、きゅうり、ねぎ、キャベツ、じゃがいも、レタス、にんじん、ほうれんそう、さやまめ、ブロッコリー、ピーマン、生しいたけ、なす、だいこん、かぼちゃ、はくさい、ごぼう、れんこん、さつまいも、もやし、さといも、たけのことなっている。

 トマト、きゅうりなどは購入数量の割に支出金額が高い品目となっている。

 トップスリーは、摂取量では、たまねぎ 、大根 、キャベツ、購入数量では、キャベツ、たまねぎ、だいこん、支出金額は、トマト、たまねぎ、きゅうり、となっている。

 摂取量と購入数量では、好きな野菜の上位3位と完全にダブっている点が興味深い。まさに、キャベツ、たまねぎ、大根という野菜3品目が日本人にとっても野菜の王様だといえよう。そして金額的にはさらに、トマト、きゅうりが加わり、野菜の主要5品目となろう。

(2017年7月3日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 食品・農林水産業
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)