世界の主な国・地域のシーフード(食用水産物)の1人当たり年間消費量について、FAO(国連食糧農業機関)の統計によって1961年以降最多となった年の値をグラフにした。原語表示は供給量であるが、これは、消費量そのものを調査した結果でなく、食用水産物(海洋魚介類)について、生産量から輸出を引き輸入を足して在庫を勘案して算出した消費量だからである(いわゆる食料需給表ベース)。
 
 対象国・地域は、世界、及び消費量の多い順に、G20諸国は、日本、韓国、フランス、中国、インドネシア、オーストラリア、イタリア、カナダ、米国、ロシア、英国、ドイツ、メキシコ、アルゼンチン、南アフリカ、ブラジル、サウジアラビア、トルコ、インドの19カ国、それ以外は、モルディブ、アイスランド、ポルトガル、香港、マレーシア、ノルウェー、スペイン、台湾、フィリピン、フィンランド、ベトナム、タイ、スウェーデン、ニュージーランド、デンマーク、ギリシャ、アイルランド、イスラエル、オランダ、チリ、スイス、ポーランド、チェコ、ハンガリーの24カ国である。世界・主要国・地域の消費水準の推移については図録0270参照。

 G20諸国の中では、日本が72.6sと世界1位であり、魚食国としての特徴を示している。

 各国の消費レベルは、立地や文化により、様々であり、必ずしも経済発展度とはリンクしていない。

 小国では、インド洋に浮かぶ島国モルディブの187.3sが圧倒的一位であり、ヨーロッパのアイスランドも94.1sと日本を上回っている。

 日本に次いで消費量が多い国としては、ポルトガル、香港が70kg台、マレーシアが60kg台、韓国、ノルウェーが50s台と目立っている。魚介料理で有名なスペイン、イタリアは、前者は40sとまあ多いが、イタリアは25.9kgとそれほどでないのが意外である。

 米国、英国も20キロ台と少なく、ドイツ、チェコなどは世界平均を下回っている。大国の中ではブラジル、インドは10s前後かそれ以下とかなり少ない。

【コラム】モルディブ

 モルディブは1965年に英国から独立した1200余りの島々からなるインドの南西約600qに位置する国である。人口約25万人、近海に豊富な漁業資源があり、生活の糧は漁業に依存し、漁船は日本の援助により動力化された1800隻超。総漁獲高(1994年)10万トンのうち、約7万トンがカツオ。日本のなまり節や荒節にあたる独自の鰹節製造を行っていることで知られる。これは、モルディブ・フィッシュと呼ばれ、使いやすいよう細長く砕いたチップ状で流通している(右に写真)。魚類の半分以上の6万トンは輸出され、スリランカが輸出先の8割を占めている。モルディブやスリランカでは鰹節はカレーやスープで食される。立地上の特性の他、モルディブはイスラム教徒が多く、豚肉を食さず、牛も手続きが大変なため、魚の消費がなおさら多くなっている。

(若林良和「カツオの産業と文化」成山堂書店、2004年による)

(2006年1月21日収録、2010年7月24日更新、2011年1月6日モルディブ・フィッシュ写真追加、2016年6月1日最多年表示に変更、更新)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 食品・農林水産業
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)