農水省によって実施されている食品ロス調査は、食品の食べ残しや廃棄の減少に向けた取組や食品循環資源の再生利用等の推進に資することを目的に、世帯と外食産業についてほぼ毎年調査が行われている。

 2005年度調査では、家庭の献立メニューについても調査が行われているので、その結果をグラフにした。

 1週間7日の夕食の献立において、最も回数が多いのは、ごはん(白飯)であり、平均週5回となっている。その他、週2回は、パン、うどん、パスタ、ラーメン、カレー、炒飯、あるいはおかずだけといった献立になっていると考えられる。

 おかずとしては、魚料理が3.3回で最も多く、野菜料理が3.2回、肉料理が1.9回で続いてる。

 魚料理の中では、焼きものが1.0回で煮ものの0.4回の2倍以上となっている。野菜料理では、ゆでもの、煮もの、炒めものがほぼ同等である。

 肉料理では、豚肉料理が0.7回で最も多く、鶏肉料理、牛肉料理と続いている。

 料理をする食事管理者の年齢別には、魚料理と野菜料理は、20代の週2回に対して、50代以上は週4回近くとほぼ2倍となっているのが目立っている。これに対して、肉料理は子どものいる40代まではやや増えるが、50代以上ではむしろ回数が減少する。高齢者になると肉より魚を好むようになることが分かる。

 カレー、パスタ、うどんといった献立は、小さな子供のいる30代で最も多くなっているのが目立っている。とくにカレーは人気である。30代について、週0.51回ということは平均して2週間に1回はカレーという勘定になる。

 以下に食事管理者の年齢別の1日当たりの献立数を掲げたが、子供のいない世帯も多い20代では4.1品目と少なく、子どもが増えると献立数も5品目以上へと増加する。50代以上で子どもが独立しても献立数自体は増えたままである。

食事管理者の年齢別の1日当たり献立数(2005年度)
世帯計 食事管理者の年齢
29歳以下 30〜39 40〜49 50〜59 60歳以上
5.2 4.1 4.7 5.3 5.7 5.5
(資料)農水省「食品ロス統計調査(世帯調査)」

(2007年4月2日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 食品・農林水産業
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)