(注)避妊実施率は2007年までの各国で入手可能な調査結果。合計特殊出生率(TFR)は2000〜2005年推計
(資料)United Nations, World Contraceptive Use 2009; World Population Prospects: The 2008 Revision


 避妊実施率と合計特殊出生率との相関図をアフリカ諸国、及びアジア諸国、OECD諸国に関して掲げた。

 避妊実施率のデータは、2007年までに各国で行われた調査結果を取りまとめている国連の資料(World Contraceptive Use 2009)による。なお各国の避妊調査は通常15〜49歳の有配偶ないしそれに準じた女性に対して現在避妊しているかどうか、またどんな方法で避妊しているかをきいている。同資料による避妊法の国際比較については図録2266参照。

 アフリカ諸国の相関を見ると、避妊を実施している有配偶女性が多いほど出生率は低くなっており(すなわちマイナスの相関が見られ)、避妊の普及率が出生行動に大きく影響していることがうかがわれる。

 エジプト、アルジェリア、モロッコ、チュニジアといった北アフリカ諸国、あるいは南アフリカでは避妊実施率が60%程度と高く、出生率がそれに応じて低いという傾向が見られる。これに対して西アフリカや中央アフリカ諸国では、避妊実施率が低く、出生率が高いという傾向が見られる。

 アジア諸国に関しては、アフリカ諸国ほど、低避妊実施率・高出生率に多くの国が集中しておらず、比較的に高避妊実施率・低出生率の国が多い。両者のR2値もアフリカ諸国が0.6542に対して、アジア諸国は0.4871と相関度が低くなっており、避妊実施以外の要因がアフリカ諸国より大きくなっている。

 アフリカ諸国もアジア諸国も近似線の傾きは-0.05程度となっている。すなわち避妊実施率が20%ポイント上昇すると女性が一生に生む子どもの数は1人少なくなるという勘定である。

 先進国がほとんどをしめるOECD諸国では、全体的に避妊実施率は高く、出生率も低い水準となっている。R2値が非常に低いことからも分かるとおり、両者はほとんど相関していない。すなわち避妊の実施と家族計画は当たり前となっており、むしろ、政府の少子化対策など別の要因が出生率に影響を与えていることがうかがえる(図録158015861587参照)。

 OECD諸国を国別に見ると、日本とオーストリアは、避妊実施率が低いのに出生率はかなり低い水準にある点が特徴である。出生率が低いことでは共通の日本と韓国であるが避妊実施率には大きな差がある。やはり日本人のセックス頻度の少なさが影響していると思われる(図録2265)。OECD諸国の中で出生率が高い点で目立っているのは、イスラエル、メキシコ、トルコ、米国である。メキシコとトルコは、なお、途上国的性格を残しているためと思われる。イスラエルは国内のユダヤ人の比率が低くならないように努力している結果と考えられる(注)。米国は出生率の高いヒスパニック系が多いなどの理由が考えられる(図録8650参照)。

(注)エマニュエル・トッド、ユセフ・クルバージュ「文明の接近―「イスラームvs西洋」の虚構」藤原書店(原著2007)によれば、ユダヤ系イスラエル人女性の出生率は先進国の女性としては異例な2.60(2005年)であり、イスラエル以外に居住するディアスポラのユダヤ人女性の1.5(推計)よりずっと高いという。またエルサレムのユダヤ系住民では3.95、ヨルダン川西岸のユダヤ人入植地では4.70とさらに高率という。「入植者の過剰出生率は、イデオロギーだけの効果によるものでも、宗教だけの効果でもない。それはイスラエル国家の直接補助が支給する多額の補助金で支えられているのである。パレスチナ人が対決している相手は、こうした拡大の人口動態、戦闘の人口動態なのだ。」(同上書、p.147)こうした点については下表も参照のこと。

(参考表)ユダヤ人女性の出産子ども数
年齢 米国(2001年) フランス(2002年) イスラエル(2005年)
18-24歳 0.13 0.35 ..
25-29 0.59 1.07
30-34 1.04 1.65 2.05
35-39 1.38 2.69
40-49 1.86 2.17 3.43
(注)Kotler-Berkowitz et al. (2003); Cohen (2007); DellaPergola (2009b)による。フランスじたいの出生政策に加えて、フランスのユダヤ人の60%近くは北アフリカ出身であることがフランスにおけるユダヤ人の高い出生数の1要因とされる。
(資料)Sergio DellaPergola (2011),"Jewish Demographic Policies", The Jewish People Policy Institute


避妊実施率(2007年までの最新年)と合計特殊出生率(TFR、2000〜2005年推計)
アフリカ諸国  
国名 避妊実施率 TFR
ブルンジ 19.7 5.4
コモロ 25.7 4.2
ジブチ 17.8 4.5
エリトリア 8.0 5.2
エチオピア 14.7 5.9
ケニア 39.3 5.0
マダガスカル 27.1 5.3
マラウイ 41.0 6.0
モーリシャス 75.8 1.9
モザンビーク 16.5 5.5
レユニオン 66.6 2.5
ルワンダ 36.4 5.8
ソマリア 14.6 6.5
ウガンダ 23.7 6.7
タンザニア 26.4 5.7
ザンビア 40.8 6.1
ジンバブエ 60.2 3.7
アンゴラ 6.2 6.6
カメルーン 29.2 4.9
中央アフリカ 19.0 5.3
チャド 2.8 6.5
コンゴ 44.3 4.8
コンゴ民主共和国 20.6 6.7
赤道ギニア 10.1 5.6
ガボン 32.7 3.8
サントメプリンシペ 29.3 4.3
アルジェリア 61.4 2.5
エジプト 60.3 3.2
リビア 45.2 3.0
モロッコ 63.0 2.5
スーダン 7.6 4.8
チュニジア 60.2 2.0
ボツワナ 44.4 3.2
レソト 37.3 3.8
ナミビア 55.1 3.8
南アフリカ 60.3 2.8
スワジランド 50.6 4.0
ベニン 17.0 5.8
ブルキナファソ 17.4 6.1
カボベルデ 61.3 3.4
コートジボワール 12.9 5.0
ガンビア 17.5 5.5
ガーナ 23.5 4.5
ギニア 9.1 5.8
ギニアビサウ 10.3 5.8
リベリア 11.4 5.6
マリ 8.2 5.7
モーリタニア 9.3 4.9
ニジェール 11.2 7.4
ナイジェリア 14.7 5.7
セネガル 11.8 5.4
シエラレオネ 8.2 5.3
トーゴ 16.8 4.8
アジア諸国  
国名 避妊実施率 TFR
中国 86.9 1.8
香港 84.0 1.0
北朝鮮 68.6 1.9
日本 54.3 1.3
モンゴル 66.0 2.1
韓国 84.5 1.2
アフガニスタン 18.6 7.3
バングラデシュ 55.8 2.8
ブータン 30.7 3.4
インド 56.3 3.1
イラン 73.3 2.1
カザフスタン 50.7 2.0
キルギス 47.8 2.5
モルディブ 39.0 2.4
ネパール 48.0 3.6
パキスタン 29.6 4.4
スリランカ 68.0 2.3
タジキスタン 37.9 3.8
トルクメニスタン 61.8 2.8
ウズベキスタン 64.9 2.6
カンボジア 40.0 3.4
インドネシア 61.4 2.4
ラオス 32.2 3.9
マレーシア 54.5 2.9
ミャンマー 37.0 2.4
フィリピン 50.6 3.3
シンガポール 62.0 1.4
タイ 81.1 1.8
東チモール 10.0 7.0
ベトナム 79.0 2.3
アルメニア 53.1 1.7
アゼルバイジャン 51.1 2.0
バーレーン 61.8 2.5
グルジア 47.3 1.6
イラク 49.8 4.6
イスラエル 68.0 2.9
ヨルダン 57.1 3.5
クウェート 52.0 2.3
レバノン 58.0 2.1
パレスチナ占領地域 50.2 5.6
オマーン 23.7 3.8
カタール 43.2 2.9
サウジアラビア 23.8 3.8
シリア 58.3 3.6
トルコ 71.0 2.2
アラブ首長国連邦 27.5 2.5
イエメン 27.7 5.9
OECD諸国  
国名 避妊実施率 TFR
日本 54.3 1.3
韓国 84.5 1.2
イスラエル 68.0 2.9
トルコ 71.0 2.2
チェコ 72.0 1.2
ハンガリー 80.6 1.3
ポーランド 72.7 1.3
スロバキア 79.8 1.2
デンマーク 78.0 1.8
フィンランド 77.4 1.8
アイルランド 75.0 2.0
ノルウェー 88.4 1.8
スウェーデン 75.2 1.7
英国 82.0 1.7
ギリシャ 76.2 1.3
イタリア 62.7 1.3
ポルトガル 67.1 1.4
スロベニア 78.9 1.2
スペイン 65.7 1.3
オーストリア 50.9 1.4
ベルギー 74.6 1.6
フランス 81.8 1.9
ドイツ 70.1 1.3
オランダ 67.0 1.7
スイス 82.0 1.4
メキシコ 70.9 2.4
チリ 64.2 2.0
カナダ 74.0 1.5
米国 72.8 2.0
オーストラリア 70.8 1.8
ニュージーランド 75.0 1.9
(注)避妊実施率は2007年までの各国で入手可能な調査結果。合計特殊出生率(TFR)は2000〜2005年推計。
(資料)United Nations, World Contraceptive Use 2009; World Population Prospects: The 2008 Revision


(2010年12月24日収録、2012年8月1日ユダヤ人女性の出産子ども数の表追加)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 開発援助
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)