2年ごとに国連は将来人口推計を発表している(日本は5年ごと)。国連の人口推計の2012年改訂が2013年6月に発表された。

 今回も前回からはじまった2100年までの将来予測がなされた。2100年の世界人口の予測は108.5億人(前回2010年推計では101.2億人)である。2062年に世界人口は100億人を越えると予測されている。

 なお、2050年の世界人口の予測は95.5億人であり、前回2010年予測の93.1億人(また、2008年予測の91.5億人、2006年予測の91.9億人)から若干の増加となっている。

 長らく人口大国といえば、第1に中国、第2にインド、そして第3位は米国という順であったが、2100年には、インドが中国を抜いて第1位となると予測されている。かつて大インドを構成していたパキスタンとバングラデシュも人口をかなり増加させ、パキスタンはブラジル、インドネシアを抜いて世界第4位に躍進すると予測されているので、南アジアは世界最大の人口集積地となる(図録8280参照)。

 この他、人口順位を上昇させる地域としてアフリカが目立っている。現在、アフリカの中で10位以内に登場しているのは、第7位のナイジェリアだけであるが、2100年には、ナイジェリアが世界第3位に躍進するとともに、タンザニア、コンゴ民主共和国、エチオピア、ウガンダが10位以内に登場すると推計されている。

 日本の人口規模上の地位は、1950年には世界第5位、2010年には世界第10位であったが、2100年には世界第29位と大きく地位を低下させると予想されている。

 2010年から2100年にかけての人口増減率を見ると、世界全体では56.9%増、すなわち5割増弱となっている。アフリカ諸国の多くでは100%以上の増、すなわち人口が2倍以上となると推計されている。次いで、アフリカ以外ではフィリピン、エジプトといった国が世界平均以上の増加率を示す。

 米国は、先進国としては突出した人口増加率が目立っている。出生率の高いヒスパニック系人口の割合が増していくためと考えられる(図録8700参照)。

 世界の中のGDPシェアが大きく拡大した東アジアの日本、中国、韓国については、人口的にはすべて少子高齢化の影響で人口は減少すると推計されている。

 ドイツ、イタリア、そして旧ソ連のロシア、ウクライナなども人口減少が予想されている。

(以下は前回の2010年推計の際のコメント)

 2年前の推計と比べて、アフリカ諸国の将来人口の増加が著しくなっているが、これは推計方法の違いによっている。この点を英国エコノミスト誌はこう述べている。

「人口変化のエンジンは出生率(女性が一生の間に平均して何人子供を産むかの数)である。出生率はどこでも低下傾向にある。このため、国連は前回の推計で総ての国の出生率が1.85まで低下すると仮定していた。2008年の予測では、2050年までに111カ国が1.85〜2.1の「置換水準」といわれる出生率水準となるとしていた。

 新しい推計では、各国のトレンドを考慮に入れた異なる将来出生率を仮定する方法に変更している。国連は以前より多くの国が高い水準の出生率、あるいはなかなか上がらない低い出生率が継続すると仮定している。これは、アフリカで起こりつつある出生率低下のいわゆる「休止」を一部反映しているものである。この結果、国連は2050年までに1.85〜2.1の出生率水準に達するのが51カ国にすぎないとしている。

 この変更は世界人口の数字には影響を与えないが、国別には大きな意味をもってくる。今日、ナイジェリアは1億5800万人の人口をもつ世界で7番目の人口大国である。ナイジェリアの出生率が国連の仮定ほどしか低下しないとすると、2100年には7億3000万人の世界第3位の人口規模をもつことになる。これは、現在のヨーロッパの人口に相当する。ルワンダの人口は4倍の4,200万人に増加し、人口密度は現在の日本の5倍となる。中国の人口は2025年のピーク時から4億5000万人少ない9億4100万人となる。

 こうした将来予測は信じがたい面がある。それは予測と言うより警告であろう。しかし、全体像は多分正しい。サハラ以南アフリカは世界の中で最も成長する地域である。今日ヨーロッパやラテンアメリカより大きくないが、21世紀末には両者を上回り、アジアの半分の規模に達する(現在は5分の1)。結果は深刻である。サヘル地帯は西アフリカの増加し続ける人口によって砂漠に転じるであろう。中国の従属人口比率(生産年齢人口に対する年少人口と老年人口の割合)はヨーロッパよりも早く上昇するので、一人っ子政策はうち捨てるしかないだろう。また、中国とインドは国連が予想する性別人口のアンバランスが起これば騒動がおこって引き裂かれるであろう。中国は2025年には20代男人口が9600万人に対して女は8000万人しかいないのだ。インドも同年代男1億2600万人に対して女は1億1500万人に過ぎないのである。

 いずれにせよ、世界人口はますます安定化する。しかしその裏で、緊張は高まりつつあるのである。」(The Economist May 14th 2011)

 同じ国連推計から見た先進国の高齢化率の将来推計については図録1157参照。また、同じ国連推計の過去と将来の出生率・平均寿命を使用した南アジア・東アジア・日本の人口転換過程の分析を図録1561に掲げたので参照されたい。

(2009年4月21日収録、4月21日主要国増減率追加、2011年5月5日更新、世界人口毎年推移図追加、5月20日エコノミスト記事引用、2013年7月12日更新)  



サイト内検索
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾