我が国の百歳(100歳)以上の高齢者は平均寿命の伸びにともなって大きく増加している。2010年には、足立区で都内最高齢の111歳とされていた高齢者がミイラ化した遺体で見つかった事件(7月)をきっかけに所在不明高齢者の問題が浮上したため、この年は敬老の日に向け毎年公表されているこのデータも例年になく注目された。

 100歳以上の高齢者数は、厚生労働省の資料によれば、1963年には153人に過ぎなかったのが、1981年には1,000人を超え、1998年には1万人を超え、2012年には5万人を、2015年には6万人を越えた。男女別では女性が87.6%と圧倒的に多くなっている。

 各歳別の人口ピラミッドについては、図録1164参照参照。

 都道府県別の100歳以上高齢者数についてもグラフにした。

 人口10万人当たりの100歳以上高齢者数をみると、東日本より西日本で多くなっている。上位3県は、上から、島根県、高知県、鳥取県の順である。2009年度までは沖縄県が1位であったが、その後、以下のように低下してきている。最もこの比率が低いのは、埼玉県である。

2009年度 1位
2010年度 2位
2011年度 3位
2012年度 5位
2013年度 8位
2014年度 11位
2015年度 15位
2016年度 15位

 100歳以上の人を英語ではcentenarianと呼ぶが、世界で100歳以上の人数が最も多いのは、日本でなく米国である。もちろん、人口当たりの比率では日本が最も多い。


(2008年9月15日収録、2010年9月27日更新、2011年9月15日更新、2012年9月14日更新、2013年9月13日更新、2014年9月13日更新、2015年9月12日更新、2016年4月24日世界との比較、2016年9月13日更新)  


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 人口・高齢化
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)