先進国では移民の増大が社会問題、政治問題となっている国が多い。ここでは先進国全体の長期的な移民人口比率の推移をグラフにした。

 移民人口は一般に外国生まれの人口と定義される。先進国全体(OECD諸国全体)の移民人口の比率を1960年以降5年おきにあらわしたグラフを見ると1960年の3.9%から2015年の10.0%へと一貫して増えてきていることが分かる。

 また毎5年の移民人口比率の増加幅を見ると、1985〜90年を境に拡大傾向が加速したことが分かる。冷戦の終焉が人々の移動の妨げとなっていた国境の壁を低くしたといえよう。

 先進国全体の平均が10%に達しているのに対してなお1.6%と低い水準に止まっている。

 日本の場合は、より確かな継続的データとして国勢調査の外国人人口の比率を付記した。この場合2015年で世銀推計の1.6%より少ない1.4%となっている。ここでの外国人には日本生まれの在日外国人が2015年でも2割弱含んでいるので、日本国籍を取得して帰化した外国生まれ人口と差し引きしても、移民人口は外国人人口より少ないと考えられる(図録1180参照)。国立社会保障・人口問題研究所の人口移動調査によれば外国生まれの人口比率は1.1%である(2011年)。

 近年のOECD諸国の移民人口比率については図録1170a、図録1171を参照。

(2012年7月11日収録、2015年4月13日日本の値のデータ源を世銀推計から国勢調査に変更、2017年1月12日更新)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 人口・高齢化
テーマ 移民
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)