女性の年齢別労働力率は女性就業の基本グラフであり、我が国ではM字カーブが特徴である点が知られている(図録1500)。図録1505ではM字カーブの切れ込みの緩和という推移の状況を示したが、ここではその実態についてさらに詳しく見てみた。

 労働力調査や国勢調査では過去1週間仕事をしたか(あるいは仕事を探していたか)で労働力人口を算出し、人口で割って労働力率を出している。ここで使用した就業構造基本調査では、普段仕事をしているかどうかで有業者か無業者かを算出し、やはり人口で割って有業率を出している。労働力率と有業率とは調べ方は異なるがほぼ同様の概念である。

 女性の年齢別有業率のグラフにはやはりM字カーブが認められ、1982年から2002年への変化を見ると切れ込みは緩やかになっている。

 しかし、有業者の内訳をみると、有業率が上昇しているのは主として「独身・子どもなし」の女性で働いている者が増えているからであって、「子どもあり」の女性の有業率が上昇しているからではないことが明らかである。

 すなわち、晩婚化によって未婚有業者が増えているためであり、結婚・出産した女性が継続就業あるいは再就業できる環境が整ってきたことによるわけではないことが見てとれる。いわば出生率を犠牲にして女性就業率が上がっているわけであり、社会の将来性の確保の観点からは、いびつな状況と言わざるを得ないであろう。

(原データ)
女性の家族関係別にみた有業率(単位:%)
   1982年   2002年 増減  
有業・子どもあり 有業・有配偶・子どもなし 有業・配偶者なし・子どもなし 有業・子どもあり 有業・有配偶・子どもなし 有業・配偶者なし 有業・子どもあり 有業・有配偶・子どもなし 有業・配偶者なし
15-19歳 0.0 0.2 17.9 0.0 0.1 17.2 0.0 -0.1 -0.7
20-24歳 1.9 5.6 62.0 1.3 2.5 63.1 -0.6 -3.1 1.1
25-29歳 15.5 12.0 22.4 8.2 10.4 50.0 -7.3 -1.6 27.6
30-34歳 33.1 7.3 9.1 19.5 10.4 26.7 -13.6 3.1 17.6
35-39歳 46.2 5.9 7.7 35.3 8.2 17.5 -10.9 2.3 9.8
40-44歳 52.4 6.8 8.2 48.1 8.1 13.2 -4.3 1.3 5.0
45-49歳 44.1 12.8 9.7 47.4 12.4 11.7 3.3 -0.4 2.0
50-54歳 28.8 20.0 11.9 35.5 19.4 12.0 6.7 -0.6 0.1
55-59歳 18.5 19.8 13.1 23.4 22.5 12.3 4.9 2.7 -0.8
60歳以上 6.4 6.8 10.0 5.5 8.5 6.5 -0.9 1.7 -3.5
(注)総務省「就業構造基本調査」の有業率をベースにした武石恵美子氏による特別集計。「独身(配偶者なし)」には未婚の他、離別・死別を含む。「子どもあり」には配偶者なしと配偶者ありを含む。

(2007年7月31日収録) 


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 人口・高齢化
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)