糖尿病患者が増えていると言われる。ここでは、厚生労働省によって3年ごと10月に全国の医療施設に対して行われている「患者調査」の結果から都道府県別の糖尿病の総患者数、及び人口10万人当たりの総患者数を掲げた。医療機関にかかっていない患者は数字に出てこない。

 総患者数では東京が32.4万人と最も多く、大阪、神奈川が20.8万人、19.6万人で続いている。最も少ないのは鳥取の1.4万人である。

 人口当たりの糖尿病患者が最も多いのは三重であり、福島、和歌山がこれに次いている。

 患者数の地域分布は、実際に罹患している患者数もあるが、その他、行きやすい病院があるかによっても影響されていると考えられる。

 2005年の結果と比較すると、増加している地域がほとんどであるが、東京、神奈川の総患者数の増加が目立っている。

 しかし、サンプル数に限界があるためか、それとも実際に患者数の変動が大きいためか、人口当たりの患者数の各年の値は変化が大きい。以下には上下5位までの都道府県ランキングの表を掲げた。2年次連続して登場している地域をカラー表示したが、2014年の上位5位は2011年の上位5位と徳島を除いて全部異なるなど入れ替わりが激しいことが分かる。その程度のデータと考えた方がよいかもしれない。

 2年次以上連続で登場しカラー表示となっている県を見ると、上位では、徳島が全年次で5位以内に登場している点が目立っている。この他、香川、秋田も2年次連続の登場で目立っている。下位では、沖縄、及び東京、大阪、愛知の三大都市が5位以内に多く登場している点が目立っている。

糖尿病の人口当たり総患者数の上位下位5県
2005年 2008年 2011年 2014年

1 山形県 島根県 香川県 三重県
2 大分県 青森県 富山県 福島県
3 徳島県 徳島県 徳島県 和歌山県
4 鳥取県 香川県 大分県 広島県
5 秋田県 秋田県 長崎県 徳島県

1 沖縄県 東京都 鹿児島県 京都府
2 神奈川県 沖縄県 宮崎県 沖縄県
3 東京都 埼玉県 大阪府 埼玉県
4 宮崎県 大阪府 愛知県 愛知県
5 京都府 奈良県 茨城県 千葉県
(注)2年次連続して上下5位以内に登場した地域をカラー表示
(資料)厚生労働省「患者調査」(各年10月)


 全国の糖尿病の総患者数推移は図録2127参照。

(2016年1月6日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 健康
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)