がんの死亡率は、高齢者ほど死亡率が高いため、年々上昇する傾向にある(図録2158参照)。こうした年齢構成の変化の要因を除いた死亡率を年齢調整死亡率という。これは毎年の年齢構成が変化しないとしたら死亡率がどう変化しているかを見るための指標である。

 図に見られるように、こうした観点から見たがんの死亡率は、胃がんでは1960年をピークに、また、その他のほとんどの部位で1995年頃から低下傾向にある。

 他の部位と異なり、最近も死亡率が横這いないし上昇傾向にあるのは、膵がん、乳がん、卵巣がんである。大腸がんも、最近、低下傾向が止まっている。

 こうした傾向は、がんの治療成績(5年生存率)と関連している(図録2160参照)。

 また、がん全体の死亡率の推移、及びがん全体の年齢調整死亡率の推移については、図録2080参照。

(2011年10月12日収録、2012年9月10日更新、2015年1月14日更新、2016年12月10日更新)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 健康
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)