国民の生活時間の変化の中で「身の回りの用事」の時間の増加が最も目立っているという点については図録2320でふれた。そして、トイレなど生理的な時間がそうのびていく筈もないから、身の回りの用事時間の長短で「おしゃれ時間」の長短が測れるのではないかという点については、図録2325(時系列)、図録7320(都道府県)を見られたい。ここでは、年代別の変化を1981年から5年おきに追ったグラフを掲げた。

 各世代の女性のおしゃれ時間(身の回りの用事時間)が長くなってきていることが明瞭である。

 若い世代、特に20代でおしゃれ時間が長く、中年で一度短くなり、60代以降の高齢者ほど、再度、こちらはおしゃれだけでなく入浴などの動作に時間がかかることにより、身の回りの用事時間が長くなるという世代構造は変わっていない。

 1981〜2011年の20年間の変化の最も大きいのは、70代以上の31分増であり、これに40代の28分増、30代の27分増が続いている。

 5年ごとのテンポについては、50代以上は1986年から2001年までは一貫して長くなってきたが、2001年〜2006年には伸びが止まっている。一方、20代、30代は、一貫して伸びてきている(特にバブル景気の時期を含む1986〜1991年の伸びが目立っている)。

 2006年までの動きでは、20代前半の伸びは小さくなっており、30代の伸びはなお著しかった。晩婚・晩産化(結婚年齢、出産年齢の高年齢化)が影響していると思われる。子育てがはじまると、そうそう自分の身の回りの世話に時間を割いているわけには行かなくなる。

 ところが最近の2006年から2011年にかけての動きには以下のような特徴が見られる。

・再度、全年齢的におしゃれ時間の大幅な伸び

・より高い年齢層と比較して伸びが小さくなっていた10代後半〜20代前半の女性のおしゃれ時間の伸びの復活

・おしゃれ時間の伸びの最前線が30代から40代へシフト(アラフォー、美魔女といった流行語が登場したことの背景)

 社会生活基本調査ではなくNHKの国民生活時間調査で同じことを確認したデータによるダイヤモンド・オンラインの連載記事「日本の女性がどんどんキレイになっている理由をデータで確かめる」(2017.3.29)も参照されたい。

 こうした動きが、女性の体格(BMI)のスリム化の世代別進展とパラレルである点は図録2200参照。

 次に、参考までに、男性の方の身の回りの用事に関する世代別の時間推移の図を下に掲げた。


 男性の場合は、女性のように20代前半のピークがない点からおしゃれとしての要素は女性よりは薄いと考えられる。しかし、女性と同じように所要時間は全ての世代で増加している。若い世代では、女性同様、身づくろいに時間をかけるようになったのであろうし、30代以上では、配偶者の女性の入浴時間(一週間の回数が増えれば週平均も増える)の増加と連動している側面も大きいのではないかと、想像される。

 個人的な感想をいえば、かみさんや子どもが清潔好きにどんどんなってきたのに付き合って、洗濯でも入浴でも、かつてと比べると、不必要な程度まで頻度が高くなっており、私がムダだと言うと臭いと対抗され、なすすべがないというのが実態である。

(2014年10月27日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 生活
テーマ おしゃれ
生活時間
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)