政府の社会保障・人口問題研究所では、毎5年に実施する「出生動向基本調査」(2005年は国勢調査に合わせて繰り上げ実施)、別名「結婚と出産に関する全国調査」の中で独身者を対象とした調査を1982年から行っている。

 この調査の結果から、男性と女性とで、専業主婦かキャリアウーマンかといった女性のライフコースへの見方がどう違っており、また男女でどう変化しているかをグラフにした。

 男性の期待、女性の予定は、ともに、「子育て後再就職コース」が約3割5分と最も多いが、一時期増加した比率が減少に転じている。やはり再就職後の就業条件の不利がより意識されるようになっていると思われる。男性も近年は俺に任せておけとは言えない状況になったと考えられる。

 専業主婦志向は、男女とも、低落傾向にあり、特に、男性の意識変化が大きい。男性は、かっては女性よりかなり高い専業主婦期待があったが、今では、女性の期待と同レベルの専業主婦期待にまで急落した。代わって、増加しているのが、キャリアウーマン・コースとも呼ぶべき「結婚・子育てと仕事との両立」コースである。妻の能力を家庭に閉じこめておけないという意識が強くなった面もあろうが、同時に、女性にも働き続けてもらわないと家計が維持できないと言うのが男性にとっても偽らざる気持ちになったのだと考えることができる。

 この他、目立っているのは、女性の予定で「非婚就業」コースが、大きく、上昇し、2010年には、「専業主婦」コースを大きく上回る17.7%に至っている点である。同じ調査による結婚の意思(図録2407参照)では、女性の「一生結婚しないつもり」は6.8%(2010年)なので、未婚の「意思」より、実際そうなりそうだという未婚の「予定」が大きく上回っていることになる。

 DINKS(ダブルインカム・ノーキッズ)コースは、2010年に男性の期待で3.3%、女性の予定で2.9%となっており、それほど増えていない。

 なお、1978年以降、また都市・地方別の専業主婦志向については、図録2410(「夫は外で働き,妻は家庭を守るべきである」という考え方について)でも掲げたので参照のこと。

(2006年10月2日収録、2011年11月26日更新)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 生活
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)