親と同居する未婚者が増えている。図録2420では未婚者に占める親との同居比率の推移を見ているが、ここでは、親と同居の未婚者の対人口比の推移を見てみよう。

 基幹統計の労働力調査では、性・年齢、配偶関係、世帯主との続柄を調べているので、未婚男女の親との同居状態が分かるはずであるが普段は集計されていない。ここでは、特別に集計した結果を用いてグラフ化している。

 20〜34歳の若年層の場合、2010年に男の49.4%、女の45.6%が親と同居の未婚者である。1980年には、それぞれ、32.9%、26.1%であったので、かなりの上昇といってよい。特に、1980〜1990年に大きく上昇したが、その後も着実に増加している。

 これは未婚率の上昇(図録1540)と未婚者の親との同居比率(図録2420、ただし18〜34歳)の双方がミックスした動きとみることができる。20〜34歳については、後者はほぼ横ばいなので前者が主たる要因であると考えられる。

 次に、35〜44歳の壮年層の場合を見てみると、若年層よりは低い水準であるが、比率自体は急速に上昇していることが分かる。親との同居が若年層から壮年層へと拡大しつつあるといえるであろう。2010年には何と30代後半〜40代前半の男の約2割が親と同居する未婚者となっているのである。

 もちろん、親との同居は、親への依存のケース(いわゆるパラサイト・シングル、あるいはパラサイト・ミドル)だけでなく、親を扶養するために同居しているケースもある。しかし、比率上昇の多くは前者によるものであろう。

(2012年9月26日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



サイト内検索
関連図録リスト
分野 生活
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)