NHKの放送文化研究所では1973年から継続して5年おきに、全国の16歳以上の国民5,400人に対する「日本人の意識」調査(個人面接法による)を行っている。2013年の有効回答数は3,070人(回答率56.9%)である。刊行されている報告書は「現代日本人の意識構造 (NHKブックス)」。

 ここでは、「婚前交渉の可否について」の意識変化をグラフにした。「婚前交渉」という用語自体ややふるくさく、この言葉を知らない若い人もいるといけないので解説すると「夫婦になる前の男女のセックス」である。

 1973年以降35年間で婚前交渉に対する考え方は大きく変わった。1973年当時には「不可」が6割近くを占めていて多数派であったが、2013年には「愛情あれば可」が46%で最多となっっている。

 変化はバブル経済期(1980年代後半〜90年代初め)をはさむ1998年までに顕著に生じ、それ以降は、そう大きな変化は生じていない。1989年には、若い女性向けの雑誌「アンアン」が初めてのセックス特集「セックスできれいになる」を出している。

 なお快楽主義・刹那主義的な考え方、あるいは結婚・愛への無関心を示す「無条件で可」は4〜5%で一貫して少数派であるが、バブル期に一時期やや増加したのち再度減少している。この時期の風潮を表現していたと考えられる井上陽水のリバーサイドホテルがヒットしたのは発売後6年目の1988年である。「無条件で可」のピークは1993年の5.1%である。バブル期は普通1980年代後半を指し、1990年代はバブル崩壊後とされるが、バブル的精神の起伏では1990年代前半がピークだったことがうかがわれる(図録2670参照)。

 2008年調査に基づく書籍報告書の世代別(同じ時期の生まれ別)の分析によれば、婚前交渉の可否については異なる世代の違いが大きく、同世代の考え方は年次によって余り変化がない。すなわち、全体の比率の変化は人口に占める世代割合の変化に伴うものだと分析されている。

(2010年5月28日収録、2014年5月20日更新、2015年1月14日バブル期コメント追加)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 生活
テーマ バブル期
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)