単身赴任者数を直接把握している統計はない。厚生労働省が厚生行政の基礎資料収集として毎年行っている国民生活基礎調査では、世帯の状況を調べており、その中で、かつては単独世帯の構成員、すなわち単身者が有配偶者かどうかの数字を集計していた。この中には単身赴任以外の別居中の単身者も含まれていると思われるが、多くは単身赴任者であると考えられるので、これを単身赴任者の推移として図録化した。

 5年おきに行われる国勢調査でも家族類型別集計の中で「世帯主が有配偶男の単独世帯数」として同様のデータが得られるので同時に掲載した。国勢調査年については単身赴任者数の対有配偶者比率も掲載した。

 単身赴任による家族のすれ違いや愛人関係、夫婦の離婚を題材にした日本映画の桂作「ウホッホ探険隊」(監督:根岸吉太郎)は1986年製作であった。題名が登場人物の息子のセリフ「僕たちは探険隊みたいだね。離婚ていう、日本ではまだ未知の領域を探険するために、それぞれの役をしているの」(原作小説)から取られていることからうかがえるように、まだ、単身赴任やそれから生じる離婚は草創期だったといえる。

 単身赴任者の数は増加を続け、1997年に741万人とピークを記したが、その後2000年代前半に向けては増勢は止まり、やや減少傾向で推移した。国勢調査でも同様に増加傾向の中、2000年から2005年にかけてはほぼ60万人で横這いとなっていたが、2010年以降に再度大きく増加し2015年には75万人となった。有配偶者(男)に占める割合もついに2.4%と2%を大きく超えている。余り単身赴任が話題とならないのは、それが当たり前になってしまったからであろう。

 下に年齢別の単身赴任者数を示した。女性の方の単身赴任者もいるだろうし、女性の値は単身赴任で残された妻の場合もある。また、値には、配偶者が入院中、あるいは事実上の離婚状態にある単なる別居者も含まれよう。


 なお、このデータには日本に来ている外国人の単身赴任者は含まれるが、海外へ行っている日本人の単身赴任者は含まれていない点を付記しておく。

(2005年1月6日更新、2011年3月11日更新、5月2日ウホッホ探険隊コメント追加、2013年1月7日更新、10月3日1975年国勢調査値を追加、2016年12月16日更新)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 生活
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)