無縁死や100歳以上高齢者の所在不明が問題となっている(2010年1月31日放送のNHKスペシャル「無縁社会〜“無縁死”3万2千人の衝撃」書籍版「無縁社会 」文藝春秋2010年、及び2010年8月2日に都内最高齢とされる113歳の女性の所在が不明が明らかに)。

 これと関連して、困ったときに頼れる人がいるか否かの国際比較結果を掲げる(付き合いの程度の国際比較は図録9502参照)。

 ギャラップ社の国際調査により、ボランティア活動や社会的援助についてのOECD諸国、及び中国、インド、ロシアなど非OECD諸国を含む38カ国の国際比較が行われている(データはOECD Factbook 2009による)。社会的援助の程度については、「この1ヶ月間に困っている人を助けたか」という問について図録2996で掲げたが、ここでは、もうひとつの社会的援助の指標として「困ったとき頼れる者がいるか」という助ける方でなく助けられる方に着眼した問への回答結果を掲げた。

 これを見ると日本人は、他の東アジアの中国、韓国と同様、頼れる人がいると回答した者は相対的に少ない。頼れる者がいると答えた比率が高かった米英圏や北欧の諸国とは対照的な結果となっている。

(2010年8月23日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 社会問題・社会保障
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)