ボランティア活動者率の推移は図録3000で掲げたがここでは地域別の動向を示した。

 図はX軸に人口規模、Y軸にボランティア活動者率を取り、都道府県の位置をプロットした相関図を掲げた。

 人口規模とボランティア活動者率の間には負の相関関係が認められる。すなわち人口が大きな都道府県ほどボランティア活動者率は低くなる傾向がある。これは、人口規模が大きな地域ほど都市化が進んでいてコミュニティへの参加活動が低調となるためと理解できる。

 ただ、相関図をよく見ると、人口規模の大きな地域ほどボランティア活動者率は低くなるが、逆に、人口規模が小さくなるほどボランティア活動率が高くなるとは必ずしも言い切れない。すなわち、人口規模の小さな都道府県の中には山形、鳥取、鹿児島といったボランティア活動者率の高い地域もあれば、沖縄、青森といったボランティア活動者率の低い地域もあることが分かる。私はこうした相関を「片相関」と呼んでいる(図録1548、図録9482参照)。

 以下には、ボランティア活動者率の上位と下位の5位までの都道府県を掲げた。

 2011年の上位5地域に山形や岩手が新たにランクインしているのはやはり東日本大震災の影響だと考えられる。

(注)ボランティア活動者率とは、過去1年間にボランティア活動を行った10歳以上の割合
(資料)社会生活基本調査報告

順位 上位5地域  下位5地域 
地域 10歳以上
推定人口(千人)
ボランティア
行動者率(%)
地域 10歳以上
推定人口(千人)
ボランティア
行動者率(%)
2
0
0
6
1 鳥取 532 34.5 沖縄 1,170 19.7
2 滋賀 1,224 34.0 大阪 7,840 20.6
3 島根 651 34.0 東京 11,487 22.6
4 福井 720 33.6 北海道 4,967 23.2
5 鹿児島 1,525 33.2 青森 1,258 23.2
2
0
1
1
1 山形 1,035 35.3 大阪 7,936 20.6
2 島根 629 34.8 沖縄 1,203 22.4
3 鹿児島 1,485 34.4 青森 1,214 22.7
4 鳥取 516 33.9 愛知 6,596 23.1
5 岩手 1,175 33.7 京都 2,359 23.2

(2009年7月31日更新、2012年7月15日更新)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 社会問題・社会保障
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)