学校における体罰が減少していることを示すデータを図録化した。

 学校の先生になぐられたことのある中学生(小学生の時期の経験を含む)は1982年の31%から2002年の7%へと急減している。高校生は中学生以前の時期の経験も含むので中学生よりは高い比率であるが、やはり同期間に、41%から10%へと急減している。学校における体罰は大きく減少したといえよう。男子と女子の合計であるので男子だけをとればもう少し多く先生になぐられていると思われる。

 参考のために父親からの体罰の推移も掲げておいたが、これを見ると、教師と同様の減少傾向が見られるが、教師と異なり、1990年代以降は横ばいに転じている。先生と父親の差には、親の体罰は許されても教師の体罰は許されないという社会環境の変化も影響していると考えられる。

 なお「なぐられる」のは体罰とは限らず、特に父親の場合は憂さ晴らしなど児童虐待のDV(ドメスティックバイオレンス)の場合もあろうが、ここで出てきている比率は主として体罰であろう。

(2009年2月13日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 教育・文化・スポーツ
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)