東大、京大以外の主要国立大学入試の合格者数の高校ランキング・トップ7を掲げた。取り上げた大学は、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学、一橋大学、東京工業大学、千葉大学、神戸大学、金沢大学である。

 東大の合格者数ランキング(図録3858)と比較すると、東大、京大以外の主要国立大学のランキングは、基本的に地元のトップ進学校からの合格者数が多いのが特徴である。京大の場合(図録3857)は両者の中間の性格を有することが裏づけられる。

 北大、名古屋大、千葉大の場合は、トップ7はすべて同一県内の高校によって占められているが、東北大は所在地の宮城だけでなく岩手、山形、青森、あるいは関東の埼玉の有力進学校も含まれており、地域ブロックの中心大学としての性格が強いことがうかがわれる。

 東北大と同様、阪大は大阪だけでなく奈良、兵庫、九大は福岡だけでなく熊本、金沢大は石川だけでなく富山、福井の主要進学校を含んでいる。

 神戸大に至っては、上位2校は兵庫であるが、それ以外は、大阪や奈良の進学校で占められており、広域性が強くなっている。一橋大、東工大にも似たところがある。

 公立か私立かを見ると地元のトップ進学校は公立がほとんどであることが分かる。東大の場合はトップ高の多くが私立高であり、京大もそれに近い状態であるのと対照的である。図で掲げた主要国立大の中では東工大だけは例外的に私立校の合格者がトップを占めている。

 なお、全体を通じて、図中の主要国立大合格者トップ7に地方ブロックをまたいで複数登場している高校は、県立浦和高校のみであり、この高校の特殊な気風がうかがわれる(図録3857a参照)。

 図に登場した高校を列挙すると、札幌北高校、札幌南高校、札幌東高校、札幌西高校、旭川東高校、札幌旭丘高校、札幌第一高校、仙台第二高校、仙台第一高校、盛岡第一高校、仙台第三高校、山形東高校、浦和・県立高校、弘前高校、一宮高校、刈谷高校、岡崎高校、明和高校、向陽高校、東海高校、時習館高校、北野高校、天王寺高校、奈良高校、茨木高校、長田高校、大手前高校、三国丘高校、修猷館高校、筑紫丘高校、福岡高校、東筑高校、熊本高校、小倉高校、済々黌高校、日比谷高校、学芸大附高校、国立高校、湘南高校、浦和・県立高校、海城高校、桐朋高校、浅野高校、城北高校、湘南高校、横浜翠嵐高校、船橋・県立高校、麻布高校、桐朋高校、横浜サイエンスフロンティア、千葉東高校、船橋・県立高校、千葉・県立高校、市川高校、佐倉高校、千葉・市立高校、昭和学院秀英高校、長田高校、神戸高校、大阪桐蔭高校、天王寺高校、豊中高校、茨木高校、奈良高校、金沢泉丘高校、金沢二水高校、小松高校、高岡高校、金沢桜丘高校、藤島高校、富山中部高校である。

(2018年3月28日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 教育・文化・スポーツ
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)