入学するのが一番難しいのはどの大学かという話題への関心は古今不易だと思われる。

 代々木ゼミナールの偏差値によれば、最も入試試験が難しいのが偏差値74の東大理Vである。それに偏差値72〜73の医科系4大学が続き、その次に、偏差値71の文科系の東大文T・U、理科系の東大理T、医科系7大学となっている。

 医学部卒業生というだけで頭が良さそうに見えるのも大学の医学部入試が他学部と比較して難関であるという点に基礎をおいている。

 幕末には有名な剣術道場における実績が、現代の難関大学への入学以上のステータスを有しており、坂本竜馬が各藩の大立者に紹介なしに会えたのもそうした著名剣術道場における輝かしい経歴に対する評判がものをいったためだという。

江戸三大道場一覧表
道場名 流派 創始者 主な出身者
玄武館(千葉道場) 北辰一刀流 千葉周作 坂本龍馬、清川八郎、藤堂平助、山南敬助
練兵館(斉藤道場) 神道無念流 斉藤弥久郎 桂小五郎、高杉晋作、品川弥二郎、芹沢鴨、永倉新八
士学館(桃井道場) 鏡神明智流 桃井春蔵 武市半平太、岡田以蔵

 図に掲げた大学は、文科系は36学部、すなわち、東京大(文科一類)、東京大(文科二類)、東京大(文科三類)、京都大(法)、京都大(文)、京都大(教育)、一橋大(商)、一橋大(経済)、一橋大(法)、京都大(経済)、早稲田大(政治経済)、早稲田大(法)、大阪大(文)、一橋大(社会)、大阪大(法)、大阪大(経済)、慶応義塾大(経済)、慶応義塾大(法)、慶応義塾大(商)、名古屋大(文)、大阪大(人間科学)、京都大(総合人間)、名古屋大(法)、名古屋大(経済)、神戸大(法)、神戸大(経営)、上智大(法)、早稲田大(商)、お茶の水女子大(文教育)、神戸大(文)、神戸大(国際文化)、早稲田大(文)、早稲田大(国際教養)、名古屋大(情報文化)、国際基督教大(教養)、早稲田大(社会科学)、理科系が24学部、すなわち、東京大(理科一類)、東京大(理科二類)、北海道大(獣医)、京都大(理)、早稲田大(先進理工)、京都大(農)、京都大(工)、慶応義塾大(理工)、北海道大(農)、東京農工大(農)、東北大(理)、東京工業大(第1、5類)、早稲田大(基幹理工)、岐阜大(応用生物科学)、北海道大(理)、東京工業大(第2〜4、6、7類)、名古屋大(理)、大阪大(工)、神戸大(理)、九州大(理)、大阪府立大(工学域)、早稲田大(創造理工)、同志社大(生命医科学)、山口大(共同獣医)、医科系が35学部、すなわち、東京大(理科三類)、京都大(医)、東京医科歯科大(医)、大阪大(医)、慶応義塾大(医)、名古屋大(医)、岡山大(医)、広島大(医)、九州大(医)、京都府立医科大(医)、大阪市立大(医)、奈良県立医科大(医)、北海道大(医)、東北大(医)、筑波大(医学群)、千葉大(医)、新潟大(医)、岐阜大(医)、神戸大(医)、熊本大(医)、東京慈恵医科大(医)、大阪医科大(医)、北海道大(薬)、金沢大(医薬保健学域)、山梨大(医)、信州大(医)、三重大(医)、京都大(薬)、鳥取大(医)、香川大(医)、横浜市立大(医)、名古屋市立大(医)、順天堂大(医)、日本医科大(医)、関西医科大(医)である。

(2014年7月7日収録、2017年2月3日一時掲載止の後、広告を削除し再掲載)
関連図録リスト
分野 教育・文化・スポーツ
テーマ  大学ランキング