週刊東洋経済による調査結果から、学生数(大学院生を含む)の多い上位50校の大学を掲げた。以下のコメントは東洋経済オンライン(2017年9月30日)の記事を参照した。

 学生数全国トップは日本大学で、学生数7万677人とまさにマンモス校の名に恥じない。16学部87学科を擁する超大規模校であり、他を大きく引き離す。OB・OGはすでに100万人を超えており、企業の社長も日大卒が最も多い(図録5454)。日本武道館での入学式は、今年は2回に分けて行われたという。

 2位は早稲田大学の5万439人であり、せいぜい3万人台の3位以下をこれまた大きく引き離している。

 全国3位は立命館大学であり、関西地区では首位となっている。

 以下、関東地区では慶応義塾大学、明治大学、東洋大学、法政大学、関西地区では近畿大学、関西大学が3万人以上で続いている。

 関東地区、関西地区以外では、福岡大学の2万人が最も多く、九州大学が続いている。名古屋圏にはさほど大規模な大学はない。

 国立大学のトップは東京大学の2万7466人だが、この中には大学院生が多く、半数近くの1万2000人に上る。

 国立大学2位は総合15位の大阪大学、3位は総合16位の京都大学で、公立大学のトップは首都大学東京の9185人となっている。

 なお、図には50位までしか表していないが、60位までが学生数1万人を超える大学で、5000人超の大学は161大学に上る。

 図に掲げた大学は、図の順に、関東は、日本大学、早稲田大学、慶応義塾大学、明治大学、東洋大学、法政大学、東海大学、東京大学、中央大学、帝京大学、立教大学、東京理科大学、専修大学、青山学院大学、神奈川大学、筑波大学、駒澤大学、千葉大学、上智大学、国士舘大学、明治学院大学、東京農業大学、大東文化大学、関東学院大学、関西は、立命館大学、近畿大学、関西大学、同志社大学、関西学院大学、大阪大学、京都大学、龍谷大学、神戸大学、京都産業大学、関西外国語大学、神戸学院大学、その他は、福岡大学、九州大学、東北大学、北海道大学、名古屋大学、名城大学、広島大学、岡山大学、中京大学、新潟大学、愛知学院大学、東北学院大学、中部大学、信州大学である。

(2017年11月5日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 教育・文化・スポーツ
テーマ 大学ランキング
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)