文化庁が実施した「国語に関する世論調査」では1カ月の読書量を調査している。これをもとに読書量(年次、年齢別)、及び本を読まない者の比率(年齢別)をグラフにした。

 2013年度には16歳以上の国民の47.5%は1カ月に一冊も本(雑誌、マンガを除く)を読んでいない(2008年度の46.1%から増加)。1〜2冊読んでいる者は34.5%である(2008年度の36.1%から減少)。3〜4冊、5〜6冊、7冊以上読む人の割合は、いずれも若干ではあるが、2008年度から2013年度にかけて増加しているので、読む人と読まない人が両極分化してきているともいえる。

 1か月に1冊も本を読まない者の比率の変化を2002年度、2008年度、2013年度と3年次にわたって追ってみると、全体として10%ポイントほど増加している。

 年齢別には、2008年度の段階では。20代〜50代で読まない者の割合は40%前後と相対的に少なく、これに対して16〜19歳の47.2%、60歳代の50%、70歳以上の60.7%と両側の年齢層で相対的に多かった。

 ところが、2008年度から2013年度にかけて、読まない者の少ない20代〜50代ではいずれの年代でも読まない者の比率が上昇し、他方、19歳以下や60代以上では、いずれも読まない者が減っている。すなわち、読書する年齢層は若者・中年中心から全年齢層への平準化したといえよう。

 こうした変化には、活字を読む習慣のある世代が高齢化している影響もあると考えられる。新聞や雑誌の読者層が概して高年齢化しているのと平行した現象といえよう(新聞については図録3957、雑誌については図録3969b参照)。

(2009年9月22日収録、2015年1月14日更新)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 教育・文化・スポーツ
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)