インターネットの普及に伴って、インターネットのホームページを見たり、メールやSNSを利用したりする時間が段々と増加している。インターネットの利用手段がパソコンからタブレット、携帯電話。スマホに広がっていることもインターネット利用時間の拡大に影響している。

 テレビを見る時間や新聞を読む時間と比べてインターネットを見る時間がどのように変化してきているかを図示した。

 国民1人当たりの平均で、2004年には、1日当たりのインターネットの利用時間は37分にまで増加し、初めて、新聞を読む時間の31分を上回った。その後、2014年までに、新聞は12分まで落ち込む一方で、インターネットは1時間半近くにまで増加している。

 こうした背景から、最近では、広告料でも新聞、ラジオの広告料をインターネットの広告料が大きく上回るに至っている(図録5650参照)。また、技術者の中でも製造技術者や建築・土木技術者ではなく情報処理・通信技術者が最多を占めるに至っている点は図録3597参照。

(2005年12月23日収録、2015年10月10日更新)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 教育・文化・スポーツ
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)