オリンピック・アテネ大会における各国のメダル獲得数をグラフにした。

 日本は金メダル数は16個と米国、中国、ロシア、オーストラリアに次ぐ世界第5位になっている。メダル総数では、37個とこれらの国とドイツに次ぐ世界第6位となっている。

 開催国ギリシャの金メダル数は6個と多くないが、人口が1,063万人(2002年)と日本の人口1億2,715万人と比べてずっと少ないので、そのまま比較するのは公平ではない。そこでギリシャがもし日本と同じ人口であったなら何個の金メダル数だったかを人口調整金メダル数として求めた。計算は金メダル数(6個)÷人口倍率(0.084)=72個となり、ギリシャの金メダルは日本なら72個に相当するともいえるので、決して少ない数ではない。逆に13億人の中国の金メダル32個は日本なら3個にしかならず、決して多い数ではないともいえる。

 人口調整金メダル数で最も多いのは人口454万人のノルウェイであり、5個の金メダルは日本なら140個に相当する。これに次いで、オーストラリア、ニュージーランドといったオセアニア諸国、及びキューバ、ハンガリーといった現・旧社会主義国が多くなっている。

 なお、各国の人口は図録1167参照。

 図に掲げた27カ国を掲げると、金メダル数の多い順に、米国、中国、ロシア、オーストラリア、日本、ドイツ、フランス、イタリア、韓国、英国、キューバ、ウクライナ、ハンガリー、ルーマニア、ギリシャ、ノルウェイ、オランダ、ブラジル、スウェーデン、スペイン、カナダ、トルコ、ポーランド、ニュージーランド、タイ、ベラルーシ、ブルガリアである。

(2004年8月31日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 教育・文化・スポーツ
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)