健康志向もあって世界各地でマラソン大会が開催されている。そこで主要なマラソン大会の規模と世界各国のマラソン大会数のグラフを掲げた。

 参加者(完走者)の数の最も多いマラソン大会は、ニューヨークシティ・マラソンである。これにベルリン・マラソン、ロンドン・マラソン、シカゴ・マラソンが続いており、これら4大会は3万人以上の完走者数を誇っている。

 以下に主要マラソン大会について、前回日本人参加者数や優勝賞金などを含めて表にした。ホノルル・マラソンは日本人が1万人以上参加している点で目立っている。「高額賞金を定めている大会も少なくない。大会新記録や世界記録を出した場合、優勝賞金のほかに賞金を上乗せするケースも見られる。世界記録達成ではドバイマラソンは100万ドル、東京マラソンは3000万円のボーナス。」(東京新聞2009.2.15)

世界のマラソン大会
大会名 開始年 次回開催日 前回完走者 前回日本人完走者 優勝金額 備考
東京 2007 2009/3/22 26,661人   800万円 新宿をスタートし、銀座、浅草など東京名所を走り抜ける。市民マラソンの新名物となり、年々参加希望者が増加。2009年は定員3万人に対し約23万人が申し込んだ。世界陸上の男子マラソン代表選考大会を兼ねている
ロッテルダム 1961 2009/4/5 6,903人      
パリ 1977 2009/4/5 28,844人      
かすみがうら 1991 2009/4/19 11,354人     国際盲人マラソンを併催
ボストン 1897 2009/4/20 21,948人 118人 15万ドル 世界でも長い歴史を持つ大会。18歳以上なら参加できるが、年齢に応じて設定されている資格タイムをクリアしていることが必要。瀬古利彦さんが2回優勝。
ロンドン 1981 2009/4/26 34,497人 45人 5万5千ドル  
ゴールドコースト 1979 2009/7/5 3,935人   1万豪ドル オーストラリア
ベルリン 1974 2009/9/20 35,731人 197人 6万4千ドル 比較的平坦な市街地コースで好記録が期待される。2008年には男子マラソンではいれ・ゲブレシラシエ選手(エチオピア)が2時間3分59秒の世界記録で優勝
シカゴ 1977 2009/10/11 31,343人 132人 10万ドル  
ニューヨークシティ 1970 2009/11/1 38,009人 540人 13万ドル  
ホノルル 1973 2009/12/13 23,231人 14,409人 4万ドル 完走者はエントリー数。7歳以上であれば参加でき、時間制限もない。日本人に人気で、例年、エントリーの6割は日本人。
ドバイ   2010/1     25万ドル 世界一リッナマラソン大会との声も
(資料)東京新聞2009.2.15(大図解シリーズ)

 世界各国のマラソン大会数を見ると、米国が21大会で最も多く、イタリアの18大会、日本、カナダの13大会がこれに続いている。

 3大会以上開催されている国を、大会数の多い順に掲げると、米国、イタリア、日本、カナダ、メキシコ、スペイン、ブラジル、ドイツ、ポーランド、フランス、オランダ、フィンランド、ポルトガル、スイス、インド、中国、韓国、ロシア、エクアドル、英国、チェコ、香港、オーストラリア、スウェーデン、セルビア、トルコ、エジプト、タイ、台湾の29カ国となっている。

 日本の市民ランナー推計数は600万人以上、週1回以上走っている愛好者も297万人に達するといわれる(SSF笹川財団「スポーツライフに関する調査」)。

 また日本のマラソン大会は、フルマラソン以外の距離も含めると全国各地で年間300以上開催されているといわれるが、主要な大会は、福岡国際マラソン、別府大分毎日マラソン、大阪国際女子マラソン、名古屋国際女子マラソン、びわ湖毎日マラソン(以上参加資格厳格)、東京マラソン、青梅マラソン(30q)、かすみがうらマラソン、つくばマラソン、北海道マラソン、長野マラソン、河口湖マラソン、福知山マラソン、NAHAマラソンなどである。

(2009年2月27日収録)

サイト内検索
関連図録
3989a 興味・関心のあるスポーツの主要国比較
3989c 日本人の好きな「見るスポーツ」ランキング
3989e 男子マラソンの世界記録の推移
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾