日本の市民マラソンは、毎年、鹿児島指宿市で行われる「いぶすき菜の花マラソン」で幕を開け、図のように全国各地で毎月のように開催されている。

 参加人数が最も多いのは2月の東京マラソンの3万5千人であり、これに、10月の大阪マラソンの3万2千人、12月のNAHAマラソンの3万人が続いている。

 各マラソン大会の概要は下表の通りである。なお、世界のマラソン大会については図録3989fを参照。

日本のマラソン大会参加人数ランキング

大会名 地域 参加人数(人) 人数内容 開催日 備考
1 東京マラソン 東京 35,824 2017/2/26 日本最大の大会。上りが少なく記録を狙いやすい。初めてのマラソン向き
2 大阪マラソン 大阪 32,259 2016/10/30 大阪城や難波、通天閣といった「なにわの名所」を駆け抜ける。今年は11月開催
3 NAHAマラソン 沖縄 29,975 2016/12/4 南国ムードがタフなレースの追い風に。完走率は低いが満足度は高い
4 横浜マラソン 神奈川 24,968 2017/10/29 数字は2016年
5 湘南国際マラソン 神奈川 23,897 2016/12/4  
6 かすみがうらマラソン 茨城 23,731 2017/4/16  
7 勝田全国マラソン 茨城 21,613 2017/1/29  
8 そうじゃ吉備路マラソン 岡山 20,834 2017/2/26  
9 名古屋ウィメンズマラソン 愛知 19,857 2017/3/12 「世界最大の女子マラソン」としてギネス世界記録認定。名古屋シティマラソン同日開催
10 神戸マラソン 兵庫 19,570 2016/11/20  
11 北海道マラソン 北海道 19,205 2016/8/28 日本国内で唯一、夏に行われるフルマラソン大会。五輪や世界陸上に選ばれた日本代表選手の約4割が出場している。さっぽろテレビ塔の電光時計によるカウントダウンを合図にスタートする。数字はファンランの部を含む
12 日立さくらロードレース 茨城 18,251 2017/4/9  
13 サンスポ千葉マリンマラソン 千葉 18,000 ☆* 2017/1/22  
14 京都マラソン 京都 17,252 2017/2/19  
15 奈良マラソン 奈良 16,000 □* 2016/12/10  
16 仙台国際ハーフマラソン 宮城 15,000 5月 定禅寺通りの新緑のトンネルを駆け抜ける。約2000人のボランティアや地元の祭りが大会を盛り上げる
17 さいたま国際マラソン 埼玉 15,000 11月 大阪国際女子マラソン、名古屋ウィメンズマラソンとならび、持ち回りで女子マラソンの日本選手権を兼ねて開催
18 いぶすき菜の花マラソン 鹿児島 14,118 2017/1/8 日本で一番早い市民マラソンとして、毎年1月の第2日曜日に開催されている
19 熊本城マラソン 熊本 13,000 2月 歴史めぐりフルマラソン、金栗記念熊日30キロロードレース、復興チャレンジファンランがある。震災後さらに注目が集まりエントリー数が伸びている
20 福岡マラソン 福岡 13,000 11月 中心地・天神をスタートし、海や山を感じながら糸島でフィニッシュ。都会から自然に変化する風景がランナーを飽きさせず初心者でも走りやすい
21 富山マラソン 富山 13,000 10月 北陸新幹線の富山・新高岡開業にあわせて初開催。雄大な立山連峰や富山湾を望みながら駆け抜ける
22 長野マラソン 長野 11,000 4月 長野オリンピック記念大会で沿道の応援も盛んな本格コース。前半に比べ後半単調なので集中力の維持がカギを握る
23 別府大分毎日マラソン 大分 3,400 2月 別府湾沿いの全般的に平坦なコース。トップレベルの市民ランナーにとって真剣勝負ができ、競技性の高い大会
(注)「計画工房」調べなどによる。いぶすき菜の花マラソンは大会HPにより当図録で追加。参加人数内容:*概数、★出走人数、☆エントリー人数、■申し込み人数、□出場人数
(資料)毎日新聞大図解「市民マラソン」(2017年10月8日)

(2017年10月26日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 教育・文化・スポーツ
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)