NHKの放送文化研究所では2007年に全国300地点、16歳以上の国民3,600人を対象に今の日本人が好きだと感じているものの調査を行っている(有効回答率66.5%)。

 ここでは、日本人が好きな日本の歴史上の時代をかかげ、また前回1983年調査の結果と比較した。資料はNHK放送文化研究所世論調査部「日本人の好きなもの」(2008年)である。

 好きな時代トップは「昭和(戦後)」期である。1983年もトップであったが、当時は今よりずっと回答率が高かった。1983年には39%の日本人が「昭和(戦後)」を好きだったのに、2007年には同じ値が27%まで下がったのである。

 経済が大きく成長し、貧困から脱却し、生活が大きく変わり、世界の中の地位も格段に上昇した戦後昭和期に対する日本人の思いは深いが、それでもその思いの深さは時代の変遷と世代交代とともに薄れていくのだ。

 もう1つの大きな変化は江戸が第3位から第2位へ、回答率も16%から24%へと上昇したことである。江戸時代ブームともいうべき状況である。現代の日本では経済の低成長と人口減少の時代が訪れているが、これを踏まえ、同じく人口が横這いの中でオリジナリティあふれる文化が成熟したとみられる江戸時代の経済社会文化が見直されているといってよいだろう。

(2008年1月22日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 教育・文化・スポーツ
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)