石油は1次エネルギー供給比率で50%を切ったとはいえ、なお日本のエネルギー供給の主役である点には変わりがない(図録4000参照)。ここでは、海外からの輸入原油を精製し、ガソリン、灯油、重油等を製造する製油所の能力を見た。

 日本の石油精製能力(原油処理能力)は日476.7万バレルと米国、ロシアに次ぐ世界第3位である。日本のあとは、中国、韓国、イタリア、ドイツと続いている。

 日本の1製油所当たりの精製能力は14.0万バレル/日と米国、ロシアよりはやや大きいものの、新興工業国である韓国、台湾、シンガポールと比較すると相対的に小規模となっている(特に韓国とシンガポールは40万バレル/日以上と巨大である)。またサウジアラビア、ベネズエラ、クエートといった産油国の精製設備も日本より大きい。

 日本の産業競争力の制約となっている高コスト体質の1つとして石油価格の高さがあげられることが多いが、高い税比率の他にこうした規模格差を指摘することができよう。

 中国は石油の巨大な需要増が生じているが、1製油所当たりの精製能力は4.8万バレル/日と小規模な製油所が多く、製鉄所やセメント工場などと同様のリストラの課題が残っている。

(2004年8月27日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 エネルギー
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)