国連大学の報告書に掲載された自然災害を受けやすい国かどうかの指標・地図を掲げた。

 報告書では、自然災害の受けやすさを2つに分けて考えている。

 まず、単純に自然災害に遭いやすい国かどうかであり(被災可能性)、毎年、地震、洪水などが襲われる可能性のある人数の総人口比であらわしている(第1の地図)。

 次に、同じ自然災害に襲われても死者数が多い国もあれば少ない国もあることから分かるとおり、自然災害のダメージを受けやすいかどうか(自然災害リスク)はまたことなった指標として算出されている(第2の地図)。

 被災可能性や自然災害リスクは東南アジア、アフリカ、中南米で高い国が多いことがうかがわれる。

 自然災害リスクは、被災可能性の指標に災害に対する脆弱性の指標を掛け合わせて計算されている。具体的な計算法は図の(注)に記した通りであるが、元になった国際的自然災害データベース(CRED EM-DAT 2011)がどの程度までの災害をカウントしているかについては、以下を参照。その他に温暖化のよる海面上昇の影響も災害の1つとしており、過去の実績に将来の推計が足し合わされている点にも注意が必要である。なお、計算上は、海面上昇を除く自然災害では、地震、嵐、洪水、干ばつの4災害を取り上げているが、これは、これら4災害で被災死亡者数の88%と大部分を占め、また火山の噴火、地すべり、森林火災といったその他の自然災害については適切なデータが得られないためとされている。

CRED EM-DATについて

 EM-DATはCentre for Research on the Epidemiology of Disasters (CRED)が1988年以降作成している国際災害データベースであり、1900年から現在までの総ての種類の災害を対象としている。対象となっているのは次のいずれかに該当する災害である。@10人以上の死亡者、A100人以上の被災者、B国による非常事態宣言、C国による国際協力のアピール。(国連国際防災戦略(ISDR)プレスリリース 18 January 2012による)

 日本を例に取ると、「被災可能性」は、39.57%と計算されている。これに「災害に対する脆弱性」が28.13%であり、両者を掛けた11.13%が「自然災害リスク」となっている。国民1人が毎年自然災害に遭う可能性が約4割とはかなり高い数字であるが、台風や地震に遭う確率の高さや海抜1メートル以下の人口の多さ、あるいは被災の重複計上もありうるとすれば、まるきり空想的とも言えないであろう。被災した場合、実際にダメージを受ける確率が3割弱となっており、自然災害リスクは1割強と計算されている訳である。

 数字そのものの説得力より、同じ計算で各国を比較した点に意義を認めることもできよう。

 下表の通り、日本は自然災害に遭いやすい国としては世界第5位、自然災害のダメージを受けやすい国としては世界第35位となっている。被災可能性では、日本が「災害列島」である点が浮き彫りになっている。

 主要国の指標をまとめた下図を見れば、日本が主要先進国の中で図抜けて自然災害に見舞われやすいことが明かである。被災可能性は第2位のイタリアの2.8倍である。災害に対する脆弱性では、ドイツ、カナダ、スウェーデンなどと並んで値が非常に低い(災害ダメージを受けにくい)ので、自然災害リスクは第2位の中国の1.8倍と差は大きく縮まるが、なお、図の主要国の中では最高である。国際会議であなたの国とは異なって日本は災害の多い国ですので〜という発言は、説得力をもつのである。原発は他国にまかせて日本は原子力発電から離脱するといっても非難は浴びないであろう。



自然災害に関するランキング
ランキング 自然災害リスク
(WorldRiskIndex)
被災可能性
(Exposure)
災害に対する脆弱性
(Vulnerability)
国名 指標値 国名 指標値 国名 指標値
上位15位 1 バヌアツ 32.00 バヌアツ 56.33 アフガニスタン 76.19
2 トンガ 29.08 トンガ 56.04 ニジェール 75.86
3 フィリピン 24.32 フィリピン 45.09 チャド 75.14
4 ソロモン諸島 23.51 コスタリカ 42.39 シエラレオネ 73.50
5 グアテマラ 20.88 日本 39.57 エリトリア 72.88
6 バングラデシュ 17.45 グアテマラ 38.42 中央アフリカ 72.42
7 東チモール 17.45 ソロモン諸島 36.40 リベリア 72.33
8 コスタリカ 16.74 ブルネイ 36.28 モザンビーク 71.95
9 カンボジア 16.58 エルサルバドル 32.18 ブルンジ 71.82
10 エルサルバドル 16.49 チリ 31.25 ハイチ 71.77
11 ニカラグア 15.74 モーリシャス 29.59 ギニア 71.13
12 パプアニューギニア 15.45 オランダ 29.24 エチオピア 71.05
13 マダガスカル 14.46 ジャマイカ 28.11 ギニアビサウ 70.84
14 ブルネイ 14.08 ニカラグア 27.64 マダガスカル 69.91
15 アフガニスタン 14.06 バングラデシュ 27.52 トーゴ 69.45
35 日本 11.13        
下位15位 1 カタール 0.02 カタール 0.05 スウェーデン 24.57
2 マルタ 0.72 マルタ 2.15 アイスランド 25.01
3 サウジアラビア 1.26 サウジアラビア 2.91 フィンランド 25.27
4 アイスランド 1.56 キリバス 3.31 オーストリア 25.48
5 バーレーン 1.66 バーレーン 4.03 スイス 25.57
6 キリバス 1.88 エジプト 4.79 ノルウェー 26.09
7 スウェーデン 2.00 グレナダ 4.90 オランダ 26.37
8 フィンランド 2.06 セーシェル 6.09 ドイツ 26.55
9 エストニア 2.25 アイスランド 6.22 ルクセンブルク 26.78
10 ノルウェー 2.28 サントメプリンシペ 6.28 デンマーク 27.16
11 グレナダ 2.29 オマーン 6.41 ニュージーランド 27.19
12 エジプト 2.38 エストニア 6.80 日本 28.13
13 バルバドス 2.44 バルバドス 6.87 カナダ 28.32
14 スイス 2.55 モンゴル 6.99 フランス 28.60
15 カナダ 2.57 イスラエル 7.13 オーストラリア 29.09
(注)「自然災害リスク」は、自然災害に襲われやすい国かどうかを示す「被災可能性」と災害に強いかどうかを示す「災害に対する脆弱性」という2つの指標を掛け合わせた合成指標である。「被災可能性」は、1970〜2005年の被災データから推定した、1年間に地震、嵐、洪水、干ばつに見舞われる可能性のある人数と今後2100年にかけての温暖化による1mの海面上昇の影響をこうむると想定される毎年の人数を足したものである(総人口比)。「災害に対する脆弱性」はさらに3つの指標、すなわち@上水道、栄養、所得、格差などの低水準による災害の影響を受けやすさ(Susceptibity)、A行政、医療、損害保険などの低水準による災害への対応・対処能力のなさ(Lack of coping capacities)、そしてB教育、ジェンダー、環境保護、医療費などの低水準による将来的な環境変化・気候変動への予防・適応能力のなさ(Lack of adaptive capacities)から計算されている。
(資料)国連大学, World Risk Report 2011


(2012年1月19日収録)

サイト内検索
関連図録
4112 主要国の原子炉数とこれまでの主な原子力事故
4113 原発5キロ圏人口
4363 主な津波被害の地震マグニチュード(明治以降)
4365 自然災害による死者・行方不明者数の推移
4367 世界の主な自然災害の状況(20世紀以降)
4370 世界の災害死亡者数(地震、台風、洪水、干ばつ)
4375 世界の主な自然災害の経済的損失額
4380 世界各国の地震災害(地震回数・死者数)
5165 公共事業の動向(日本と主要国)
5167 公共事業の国際比較
9610 全世界的なリスク状況
j008 原発に対する国民意識(2011年8月)
j016 原発に対する意識(時系列変化)
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾