2012年5月13日福山市のラブホテルで火災があり、宿泊客7人が死亡し、3人が重傷を負った。「捜査関係者によると、現場のホテルプリンスは木造(2階)と鉄筋コンクリート(一部4階建て)を接合した構造。死亡の7人は2、3階の客室で見つかった。発生は午前7時前。休んでいた7人は火災に気付いて逃げようとしたとみられ、一部は窓の近くで倒れていた。死因は、全員が煙による急性一酸化炭素(CO)中毒だった。」(毎日新聞2012.5.20)

 大阪市難波の雑居ビル個室ビデオ店で、2008年10月1日未明、自暴自棄となった宿泊の男が自室で放火し、当人は怖くなって逃げたものの店内の通路が袋小路になっていたため逃げ遅れた15人の客が死亡した(のちさらに1人死亡)。

 ここでは戦後の主な大規模火災によって犠牲となった死者数をグラフにした。地域的な広がりの点で大規模な火事は「大火」と呼ばれるが、戦後の主な大火については図録4391参照。

 戦後しばらくは百貨店やホテルなどで多数の犠牲者を生んだ火災が発生していたが、近年では、防火施設が未整備で防火意識も希薄な雑居ビル等での火災が目立っている。

これまでの主な大規模火災
年月日 場所 死者
(人)
概要
1955年
2月17日
横浜市のカトリック修道院 99 聖母の園付属養老院を焼失
1963年
8月22日
東京・池袋の西武百貨店 7 マッチの火が消毒液に引火
1969年
2月5日
福島県郡山市の磐光ホテル 31 舞踏師の小道具にストーブの火が引火
1972年
5月13日
大阪市の千日デパート 118 2〜4階の800uを焼失
1973年
11月29日
熊本市の大洋デパート 104 たばこの火が段ボールに引火したらしい
1980年
11月20日
栃木県の川治プリンスホテル 45 作業員のアセチレンガスが建物に引火
1982年
2月8日
東京・永田町のホテルニュージャパン 33 9階の客の寝たばこから出火
1986年
2月11日
静岡県のホテル大東館 24 前日夜、誤作動した火災報知器を放置
1987年
6月6日
東京都東村山市の特養ホーム松寿園 17 職員が誤作動した非常ベルのスイッチを切る
1990年
3月18日
兵庫県の長崎屋尼崎店 15 商品やゴミ袋で防火扉が閉まらず
1999年
5月23日
横浜市のマージャン店 7 男がガソリンをまいて放火
1999年
7月30日
大阪豊中市のアパート 9 2階建て576uを全焼
2000年
1月4日
静岡県下田市の新聞販売店 7 配達員がバイクの給油中に引火
2000年
3月2日
神戸市のテレホンクラブ 4 男らが火炎瓶を投げ込んで放火
2000年
6月11日
宇都宮市の宝石店 6 男がガソリンをまいて放火
2001年
5月5日
千葉県四街道市の土木作業員宿舎 11 2階建て約500uを全焼
2001年
5月8日
青森県の武富士弘前支店 5 男がガソリンをまいて放火
2001年
9月1日
新宿歌舞伎町雑居ビル 44 放火の疑い。障害物で防火扉しまらず
2007年
1月20日
兵庫県宝塚市のカラオケボックス 3 1階厨房で女性従業員が揚げ物調理中目を離したすきに出火
2008年
10月1日
大阪市難波の雑居ビル個室ビデオ店 16 自暴自棄となった宿泊の男が自室で放火
2012年
5月13日
広島・福山のラブホテル火災 7 死者はすべて宿泊客で全員が煙による急性一酸化炭素(CO)中毒で死亡
(資料)毎日新聞毎日新聞2008.10.1夕刊、2012.5.20ほか

(2008年10月2日収録、2012年6月3日更新)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 環境・災害
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)