図には、主要国、及びわが国の都道府県の経済規模をGDP額で、両者を一緒に、大きい順から並べた。都道府県レベルではなく市町村レベルの経済規模比較については図録7797参照(愛知県市町村の例)。

 ここでは主要国として、OECD諸国34カ国、BRICs4カ国、そしてわが国と馴染みの深い台湾、ASEAN5カ国(タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、ベトナム)、合計44カ国である。

 躍進する中国が2010年には日本を抜いて世界第2位となった(図録j006参照)。

 都道府県を、経済規模に従って、上から10まで掲げると、東京都、大阪府、愛知県、神奈川県、埼玉県、千葉県、兵庫県、北海道、福岡県、静岡県の順である。

 都道府県の中で最もGDP規模が大きい東京都は、91兆円の経済規模を有しており、国別では、インドネシア、オランダの経済規模を上回り、韓国、メキシコとも同等である。また、都道府県順位第2〜3位の経済規模の大阪府、愛知県はオーストリア、第4位の神奈川県は、タイ、デンマーク、マレーシアの経済規模を上回っている。

 日本の都道府県は、経済規模的には、世界の主要国と比べても、そう劣らない水準にある点に、あらためて驚きを感じる。

 なお、各国のGDP規模を地図にあらわしたものを図録4560に掲げた。

 また、上掲以外の国も含めて、日本の各都道府県の経済規模がどの国と同等なのかを示した地図を以下に掲げた。


 ここで取り上げた主要国及び都道府県について、経済規模に従って上から並べると、米国、中国、日本、ドイツ、フランス、英国、ブラジル、イタリア、ロシア、インド、カナダ、オーストラリア、スペイン、韓国、メキシコ、東京都、インドネシア、オランダ、トルコ、スイス、スウェーデン、ノルウェー、ベルギー、ポーランド、台湾、大阪府、愛知県、オーストリア、神奈川県、タイ、デンマーク、マレーシア、チリ、イスラエル、フィンランド、埼玉県、フィリピン、ギリシャ、千葉県、兵庫県、北海道、福岡県、アイルランド、ポルトガル、チェコ、静岡県、ニュージーランド、ベトナム、茨城県、広島県、ハンガリー、京都府、新潟県、宮城県、栃木県、長野県、群馬県、スロバキア、三重県、岐阜県、岡山県、福島県、滋賀県、山口県、熊本県、鹿児島県、愛媛県、ルクセンブルク、青森県、石川県、長崎県、富山県、岩手県、大分県、沖縄県、香川県、スロベニア、山形県、和歌山県、宮崎県、秋田県、奈良県、山梨県、福井県、徳島県、佐賀県、島根県、高知県、エストニア、鳥取県、アイスランドである。

(2006年3月17日収録、3月18日改訂、2008年4月3日更新、2009年2月27日更新、2011年6月20日更新、2013年6月25日更新、9月9日台湾追加、2014年1月22日同等GDP国都道府県マップ追加、8月21日インドネシア追加、2015年5月17日グラフの2列目に国を複数移す、2015年6月4日更新)



サイト内検索
関連図録リスト
分野 経済・GDP
テーマ 日本の地域経済
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾