衆参両院の国会議員の出身大学ランキングを図に掲げた。出所は「大学ランキング(週刊朝日進学ムック)」である。

 2014年12月の衆議院選後の2015年1月現在では、東京大(東大)卒が144人と最も多く2位以下をかなり上回っている。東大に次いで、慶應義塾大、早稲田大、中央大、京都大、日本大と続いている。

 国会議員717人中、東大の比率は20.1%にあたる。それでは中央官庁のキャリア官僚の東大卒比率はどの程度であろうか。上級公務員である国家公務員一種の2014年試験の合格者で出身大学が分かる1,864人中、東大卒は438人であり、比率は23.5%と4分の1である(大学ランキング2016による。図録3866参照)。

 すなわち、一般との比較では、国会議員の学歴は、東大卒が最も多いことからも非常に高いといえるが、キャリア官僚はさらに高いのである。また、官僚(中央官庁)出身の国会議員の出身大学は東大81人、京大11人となっているので、官僚出身以外の国会議員の東大出身者は63人となり、慶應義塾大や早稲田大の出身者より少なくなる。

 ここに、官僚が政治家を「偉大な素人」(榊原英資(2011)「公務員が日本を救う 」)と呼び、一方で、選挙で選ばれた政治家が公務員試験を経て就職した官僚を使っているという憲法上の立場から敬意を払うとともに、他方で、半分小馬鹿にしている根拠の1つがうかがわれる。

 もっとも政治家の方に官僚への引け目は見られないようだ。「安倍、麻生は私立大学出身だが、東京大出身の議員と官僚に対するコンプレックスはない。内閣や省庁で少しも臆することなく、「ちゃんとあなたの仕事をするように」と指示する。それは2人とも総理大臣としての自信の表れである。また、東京大出身者は優秀であるなどと特別視しなくなったこともあろう」(御厨貴(2015)「政治家の出身大学ランキング解説」)。なお、安倍首相の出身大学は成蹊大、麻生元首相の出身大学は学習院大である。

 民主党政権期の2010年12月の出身大学と比較すると慶應義塾大が増え、早稲田大が減った結果、2位と3位が逆転したのを除くとそう大きな変化はない。自民党も民主党も東大卒が一番多いのは、「東京大卒の官僚出身者が立候補しやすい政党を選んだという見方もできる。そこに政治的思想、信条を求めるのは無理な話だ」(同上)。

*参考文献

榊原英資(2011)「公務員が日本を救う〜偽りの政治主導との決別〜 」PHP
御厨貴(2015)「政治家の出身大学ランキング解説」大学ランキング2016(週刊朝日進学ムック)

 ここで、取り上げている大学は、図の順に東京大、慶應義塾大、早稲田大、中央大、京都大、日本大、創価大、明治大、上智大、法政大、青山学院大、神戸大、東北大、北海道大、専修大、立命館大、九州大、学習院大、関西大、成城大、一橋大、関西学院大、立教大、筑波大、東京工業大、名古屋大、国際基督教大、東北学院大、横浜国立大、聖心女子大、玉川大、東京農業大、同志社大、東洋大である。

(2011年12月16日収録、2015年5月24日更新)



サイト内検索
関連図録リスト
分野 行政・政治
テーマ  大学ランキング
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾