日本の情報通信機器のグローバル・マーケットにおけるシェアは、デジタルカメラ、カーナビゲーション、DVDレコーダーで6〜7割、テレビでは、プラズマテレビ、液晶テレビで4割台、ブラウン管テレビでも3割弱を占めており、総じて、映像関係の情報通信機器では、世界的に大きなシェアを占めている。

 一方、携帯電話機、ノートパソコン、デスクトップパソコンなど、低価格・リーズナブル機能をめぐって競争の激しい情報通信機器では、4%〜15%と世界シェアはそれほど高くない。

 さらに、サーバー、ルーター、スイッチといったネットワークの運用・管理のための情報通信機器では、2.5%〜7.8%と日本企業の世界シェアは低い。

(2006年9月26日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 産業・サービス
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)