英国エコノミスト誌は2014年12月13日号で世界のラグジュアリー市場(高級ブランド品、奢侈品、ぜいたく品の市場)をスペシャル・レポートで取り上げている。

 主なラグジュアリー製品の市場規模は最初に掲げた図の左半分に掲げた通りである。高級車(ラグジュラリー・カー)が4,378億ドルと最も大きく、アクセサリー、衣服、宝石などのパーソナル製品が2,783億ドルで続いている。合計すると1.1兆ドル(1ドル110円で計算すると121兆円)にのぼる。高級品市場は図に表示した製品にとどまらずさらに医療・健康産業や銀行などにも広がっており、ボストン・コンサルティング・グループの推計によれば2012年の市場規模は1.8兆ドルとされる。

 販売市場は図の右側に示したが、米国が最も多く、日本が2位、イタリアと中東が3位となっている。中国の購買力の伸びは著しく、いまやパーソナルなラグジュアリー製品の世界販売額の3分の1を中国人が消費しているといわれる。

 供給企業の地理分布は、ヨーロッパが優位となっている。「ヨーロッパはなお際立った供給者であり、世界のラグジュアリー消費市場の70%はヨーロッパの製品で占められている。ドイツは車やヨットで目立っているが、高級ブランド品についての真の主導力はイタリアにある。イタリア及びフランスのファッションや革製品の工場はイタリアにある。ロンドンの豪華百貨店ハロッズの上級マネージャーのMichael Wardは、ラグジュアリーは「ヨーロッパが依然としてサステナブルな競争優位を保っている数少ない産業の一つだ」という。米国については、その富からすれば開発しきれていない市場である一方で、供給者としては、Coach(コーチ)やMichael Kors(マイケル・コース)やKate Spade(ケイト・スペード)のように、確立したヨーロッパのブランドに、より手ごろに入手可能なラグジュアリーで威勢よくチャレンジしている国でもある。すでに貪欲な消費者となっている中国については輸出国としてはまだ取り組みがはじまったばかりである。」(The Economist December 13th 2014)

 ヨーロッパの主要なラグジュアリー企業を表に掲げた。伝統あるブランドをつぎつぎと傘下に吸収し巨大化している企業グループが多い。最も巨大なのはシャンパン、ウォッチ・ジュエリー、香水の有名ブランドを吸収したルイビトン・グループである。表に掲げた企業グループは過去5年で世界シェアを39%から42%へと拡大し、独立系のシェアは50%から43%へと縮小しているという。

「少なくとも理論的にはグループは自らが獲得した小さなブランドがより急速に成長することを助けている。ケリングの指導の下で、短冊切りのレザーを編みこむイントレチャート技法を使ったハンドバッグや靴で知られるイタリアの革製品メーカーであるボッテガ・ヴェネタはニッチブランドから10億ユーロを越える収入にまで到達した。ケリングは、安定した構成員として迎え入れた英国のファッション・デザイナーのChristopher Kane(クリストファーケイン)が店をもつように促したし、イタリアのBrioni(ブリオーニ)が女性用のウエアからシフトし、男性向けのアクセサリーや靴に乗り出すよう指導した。小さなブランドはロジスティックのような商売の退屈な側面の中央管理から利益を得てもいる。この産業の最も輝かしい将来展望は、「巨大なコングロマリットの中の小さなブランド群」にあるとインベストメント・バンクであるバークレー・キャピタルのJulian Easthopeは言っている。」(同上)

 もっとも相変わらず以前の形態のままのラグジュアリー企業もある。「ホールディング・カンパニー・モデルだけが成功しているわけではない。Chanel(シャネル)は秘密主義的なWertheimer家に属しているし、Hermes(エルメス)は株式が公開されているが、創業家によって経営されている。おかげで両者はビッグ・ラグジュアリーにつきものの批判を免れているのである。イタリアのラグジュアリー企業は株式公開と専門家による経営の下にある場合でも創業家によってコントロールされているスタンドアローンの会社であるのがほとんどである。」若い企業はビッグ・グループからの資本を受け入れず独立を保ちたがるし、英国のブランドも外部の資本参加を嫌うという。

 表に掲げたブランドについては、LVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンの主要ブランドはLouis Vuitton (ルイ・ヴィトン)、Moet & Chandon (モエ・エ・シャンドン)、BVLGARI(ブルガリ)、GUERLAIN (ゲラン)である。Richemontリシュモンの主要ブランドは、Cartier(カルティエ)、Van cleef & Arpels(ヴァンクリーフ&アーペル)、Net-A-Porter、Piaget(ピアジェ)である。KERINGケリングの主要ブランドは、Gucci(グッチ)、Boucheron(ブシュロン)、Bottega Veneta(ボッテガ・ヴェネタ)、Yve Saint Laurent(イヴ・サン=ローラン)である。SWATCHスウォッチの主要ブランドは、Breguet(ブレゲ)、Blancpain(ブランパン)、Omega(オメガ)、Harry Winston(ハリー・ウィンストン)である。HERMESエルメス、PRADAプラダ、BURBERRYバーバリーはそれ自体がブランドである。

(2014年12月21日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 産業・サービス
テーマ おしゃれ
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)