店舗でパンを焼いて売る製造小売のベーカリー店は1985年の1万3千店から2007年の2万5千店へと大きく増加しが、2014年にかけては1万7千店へと淘汰が進んだ。独立した店舗を構える専門ベーカリー店(個店とチェーン店)のみの動きでは、すでに1997年を境に減少に転じている。それ以降、いわゆる量販店のインストアベーカリーなどが一時期増加する中で、専門ベーカリー店はむしろ一貫して減少傾向にあるのである。

 パンの総販売額は、工場で製造し、スーパーやコンビニで、あるいはベーカリー店以外の古いタイプのパン屋で売られる「流通パン」とベーカリー店で自ら製造して売られる「ベーカリーパン」とからなるが、後者の比率は、2002年までには上昇していたが、それ以降、2007年にかけて減少し、2014年には回復したが一時期ほどではない。流通パンの価格の安さに対してベーカリーパンに割高感があること、また流通パンでも焼きたてパンに近い品質のものも現れてきているからだと思われる。

 さらに手作り志向が高まり、また一方で家庭でのコスト意識が高まる中で、家庭用パン焼き器(ホームベーカリー)の機能や用途が広がり(1987〜88年に第1次ヒット)、最近は米粒からパンを作ることができる三洋電機「GOPAN(ゴパン)」(2010年)があらわれ、手軽にパン作りができるようになってきている。このため、ベーカリー店は、ホームベーカリーと流通パンに挟撃されて厳しい状況にあるのではないかと考えられる。

(2011年8月31日収録、2013年11月27日更新、2016年3月10日更新)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 産業・サービス
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)