何かと話題になる女子アナ(女性アナウンサー)であるが、ここでは、女子アナの出身大学のランキングを掲げた。

 最も多いのは慶応大出身であり、次ぎに早大、上智大、青山学院大、法政大と続いている。東京の私大出身が多いのが特徴である。

 NHKに限ってみると、1位は慶応大、2位は早稲田大だが、東大、お茶の水女子大、東京外語大、京都大など国立大学の出身者もかなりいる。

 関西の大学は11位に同志社大がはじめて登場していることからも分かる通り、少数派となっている。この点、キャビンアテンダントの出身大学に関西の大学が多いのと対照的である(図録6888)。

 東洋では儒教精神から家庭の婦女が社交面を担当することが避けられて来たので、宴会専門家として、日本では、古来、中世以前の遊女・傀儡女・白拍子とそれを引き継いだ近世の芸妓(芸者、芸子)が歌舞音曲の芸能に堪能なばかりでなく、ニュース・情報・教養文化面での知識も豊富で、社会から期待された社交面の機能を果たしてきた。

 女優、歌手と並び、現代の一流芸妓とも呼ぶべき女子アナは、政財界・演劇界・芸能スポーツ界との交流も深く、世間の話題を集める点、若い女性のあこがれの職業である点でもかつての人気芸妓と似ている。

 詩人萩原朔太郎は「新芸妓論」(1935年)の中で芸妓改革論を展開している。「芸妓と話すことは世帯の地味な話でなく、生活の明るい世界における情操即ち芸術や、思想や、娯楽や、社交やのことである。ゆえに芸妓は、教養ある男子の話し相手として、十分なる知識、趣味、才能を持たねばならない。(中略)昔の江戸時代の芸妓は常に当時の最も新しい、最も文明に先駆した趣味をもっていたゆえに今日の芸妓が真に正しい芸妓たるためには、現実の最も新しいハイカラ趣味をもたねばならぬ。(中略)もし出来るならば、今後の芸妓は、よろしく洋装すべきである。何よりも先ず、あの三味線という楽器を廃し、代わりにピアノやマンドリンを弾くようになることだ。」(三谷憲正編「コレクション・モダン都市文化 (22) 花街と芸妓」ゆまに書房(2006年))萩原の理想は、マスコミという特殊な局面ではあるが、高学歴の女子アナという形で一部が実現したと言ってもよかろう。

 取り上げた大学名は、女子アナ出身者数の多い順に、慶応義塾大、早稲田大、上智大、青山学院大、立教大、法政大、お茶の水女子大、東京大、学習院大、東京女子大、同志社大、明治大、中央大、津田塾大、立命館大、神戸女学院大、成城大、聖心女子大、東京外国語大、日本女子大、大阪大、京都大、関西大、関西学院大、フェリス女学院大、横浜国立大、北海学園大である。

(2011年1月24日収録、11月14日更新・CAとの対比、2012年7月20日更新、2013年8月19日更新、2014年7月1日更新、2015年5月24日更新、2016年4月29日更新、2017年2月3日一時掲載止の後、広告を削除し、コメントを改変して再掲載)
関連図録リスト
分野 産業・サービス
テーマ  大学ランキング