旧6230を廃止。原資料の調査が終了したため。廃止した図録を6231として保存

 人々はインターネットを使って何をしているのであろうか。用途別のインターネット利用率をグラフにした。

 同様の事項の調査は総務省(元郵政省)の「通信利用動向調査」でも毎年調査されているが、ここでは、信頼性が高く、毎月調査で四半期毎に結果が公表される総務省統計局の「家計消費状況調査」(家計調査付帯調査)を使用した。なお、2008年以降は、用途別の調査は電子マネーの利用状況に絞られることとなったので、データは2007年止まりとなっている。

 ここでのパーセントは、それぞれの用途で、その月、私的にインターネットを使用した者が調査対象世帯にいるかどうかの比率である。

 現況では、最も多いのは、「情報収集(ホームページの閲覧など)」であり、43.3%、次ぎに「電子メール」の28.4%となっている。以下、「インターネットショッピング」19.9%、「各種予約(交通機関、宿泊施設、コンサートなど)」12.7%が10%以上である。さらに、オンラインゲーム、銀行取引、オークションへの参加(商品等を買った)、個人のホームページの維持・管理、懸賞の応募、金融商品の取引(有価証券、保険など)、オークションへの参加(商品等を売った)と続いている。

 過去の推移を見ると、各用途でインターネット利用が拡大していることが分かる。2002年から2007年への5カ年の倍率を見ると

用途
電子メール 0.98
情報収集 1.34
インターネットショッピング 2.26
オークションへの参加 2.65
銀行取引 2.60
金融商品の取引(有価証券、保険など) 2.19

となっており、比率はまだ小さいが、インターネットショッピング、オークション、銀行取引、金融商品取引など、お金をやり取りする用途が、2.2倍〜2.6倍と大きく拡大していることが分かる。

 奇異なのは電子メールが伸び続けていたのに、2006年から減少している点である。迷惑メールの影響であろうか、または言葉の入力そのものが煩わしくなってきたせいか。

(2006年11月13日収録、2007年3月1日・2008年8月20日更新、2016年5月16日廃止)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 情報通信技術(IT)
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)