世界のインターネット人口(online population)を使用言語別に再集計したデータをGlobal Reachのホームページから紹介する。

 世界のインターネット人口は、2003年末に、世界人口の11.5%にあたる7億3千万人だったが、そのうち、英語圏が2億9千万人と約4割を占めていた。総人口に占める比率は、英語圏では、56.6%であった。

 この段階で、すでに、インターネット人口が次ぎに多いのは中国語であり、人口比率(普及率)は11.7%とまだ低いが母数が大きいので、オンライン人口は1億人を越えた。

 少し驚くのは、第3位の言語は、日本語だということだ。普及率が英語圏並みなのでオンライン人口は7千万人に達し、スペインの他、中南米諸国など言語使用国が多く、人口も多いが普及率がそれほどでないスペイン語圏を上回っている。

 対象となった言語は、33であり、インターネット人口の多い順に、掲げると、英語、中国語、日本語、スペイン語、ドイツ語、韓国語、フランス語、ポルトガル語、イタリア語、ロシア語、マレー語、オランダ語、アラビア語、ポーランド語、スウェーデン語、トルコ語、タイ語、チェコ語、ヘブライ語、デンマーク語、ペルシャ語、カタルーニャ語、ノルウェイ語、フィンランド語、ギリシャ語、ルーマニア語、ベトナム語、ハンガリー語、スロバキア語、セルボ・クロアチア語、ウクライナ語、スロベニア語、アイスランド語である。

(2006年11月13日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 情報通信技術(IT)
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)