海外で路面電車を改良したLRT(ライトレール・トランジット)が都市交通の新しい交通システムとして導入が進んでいる。

 LRTは車両を低床化、高いデザイン性などの改良を加え、軌道や停留場、運行方法の改良で乗降しやすくし、鉄道線への乗り入れ、自動車とのパーク&ライドなど他の交通機関との連携を高めたシステムをいう。

 図録には世界の路面電車の路線延長をグラフにした。

 世界48カ国、384都市で路面電車が走っているが、中でも、ドイツの路線延長が3000qもあり最長である。ドイツでは、小回りのきく、路面電車の良さを見捨てず、車両の改良、自動車交通との分離、使いやすい運賃システムの開発によって都市交通としての機能を高め、LRTの基礎をつくったという(東京新聞2011.2.13)。

 ドイツの次ぎに路面電車の路線延長の長いのはロシアであり(運行都市数はドイツを上回り最多)、これに米国、ウクライナ、ポーランドなどが続いている。日本は19都市、280qとアジアの中では最も普及しているが、欧米と比較するとオランダ一国より延長距離が短いなど、全盛期1500qから衰退が著しい(日本の路面電車については図録6853参照)。

 1978年カナダのエドモントンではじめてLRTが開業して以来、海外では過去に路面電車を廃止した都市を含め、LRTの導入が相次いでいる。「自動車大国・米国では都心部を回遊する短距離のLRT(ストリートカー)の建設計画が相次いでいます。オバマ政権のグリーン・ニューディール政策によって、都市再開発に向けた交通基盤整備のための助成策が設けられました。フランスでは交通権を明記した国内交通基本法などがLRTの発展を支えています。」(上記資料)

路面電車をめぐる国内外の動き
1881年 ドイツ・ベルリン郊外のリヒターフェルデで世界最初の路面電車開通
1895 京都市で日本初の路面電車開業
1974 名古屋市電廃止
1978 カナダ・エドモントンでLRT開業
1982 フランスで国内交通基本法公布
1987 フランス・グルノーブルで開業のLRTに低床車両導入
1997 熊本市電にドイツ製低床車両導入
2002 鹿児島市電などに国産初の低床車両登場
2005 岐阜市の路面電車廃止
2005 国土交通省がLRT総合整備事業を制度化
2006 富山市で富山ライトレール開業
2007 地域公共交通活性化・再生法施行
2009 富山市の環状線(セントラム)開業

 日本では公共事業が極度に抑制され、新時代に対応し、また高齢化社会に適応した交通システムへの転換の後れが心配される(図録5165参照)。

 図に掲げた48カ国は、具体的には、ドイツ、フランス、ポーランド、イタリア、ルーマニア、スペイン、トルコ、英国、チェコ、スイス、オランダ、ベルギー、オーストリア、ハンガリー、スウェーデン、ポルトガル、ノルウェー、スロバキア、クロアチア、ブルガリア、フィンランド、セルビア、ギリシャ、アイルランド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ロシア、ウクライナ、カザフスタン、ベラルーシ、ラトビア、ウズベキスタン、エストニア、エジプト、チュニジア、日本、中国、オーストラリア、北朝鮮、インド、マレーシア、フィリピン、ニュージーランド、米国、カナダ、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、ベネズエラである。

(2011年3月17日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 運輸交通
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)