【休止中】
海外観光客数の更新をJNTO推計ベースに変更したことに伴い、JNTO推計で集計されていないアジア計の部分を休止。中国や韓国の状況を他の図録で取り上げているので、存在価値も薄れたといえる。)


 アジアの経済発展と日本との経済的なむすびつきの拡大にともなって、アジアから日本を訪れる訪問客は、絶対数でも比率的にも拡大してきている。

 1980年代中頃には100万人レベルであったアジアからの来訪客数は、2008年には、645万人と6倍以上となり、世界からの来訪客全体に占める割合は、77.3%と8割近くとなっている。2009年には481万人、70.9%と円高や景気後退、新型インフルエンザの影響で落ち込んだ。

 アジアからの来訪客比率が1970年代前半には2割台であった。まだ、欧米との交流が中心の時代であったといえよう。1990年代以降この比率は半分を超え、交流面からもまことにアジアの時代となったといえる。

 1998年はアジア通貨危機の影響で一時的にアジアからの来訪客が落ち込んでいるのが目立っている。

 国別の内訳は図録7200参照。

 資料説明については 「海外旅行客数の推移」(6900)を参照。

(2004年12月22日更新、2005年5月24日更新、2006年5月20日更新、2007年6月4日更新、2008年6月9日更新、2009年6月3日更新、2010年8月23日更新、2011年1月27日休止)




[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 観光
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)