観光白書では、海外旅行への支出、及び海外旅行からの収入の国際比較を行っている。ここでは、これらと経済規模の相対比から、海外旅行愛好度と国際観光立国度の相関をグラフにした。

 タテ軸は海外旅行愛好度であり、上ほど海外旅行が好きな国である。ヨコ軸は国際観光立国度であり、右ほど国際観光収入に経済が依存している比率が大きい国である。また、45度線より左上ほど収支がマイナス、右下ほど収支がプラスであることを示している。

 海外旅行好きの国としては、香港、シンガポールがGDPの7〜8%を海外旅行に使っており、非常に目立っている。しかし、この2国は都市国家であり、それぞれ中国やマレーシアとの関係が深い。日本のような国であれば国内観光にあたるものまでも海外旅行となっているので、少し性格をことにしている。

 香港、シンガポール以外では、ベルギー、マレーシア、アラブ首長国連邦、スウェーデンといった国が海外旅行の好きな国として目立っている。日本と米国は、実は海外旅行の対GDP比は1%以下であり、海外旅行にお金を使っているかどうかでは、世界の中でも海外旅行を好んでいない2国である。まあ、閉鎖的な国民とも言える。(下の付表を見えれば分かるとおり、海外旅行の支出の金額規模から言えば、米国は2位、日本は12位と決して小さくはなく、日本人観光客の場合はかつて特定の国際観光地に集中する傾向があったから、日本人観光客の金遣いは目立っていたと言うことはあろうが、稼いだ額のどれだけを支出しているかという今回の指標からはこう言わざるを得ない。)

 国際観光からの収入の大きさについては、実額は、米国、スペイン、フランスの順に大きく、こうした国が大きな国際観光消費の対象となっていることがうかがえるが、対GDP比では、香港、タイ、マレーシア、シンガポール、オーストリア、スペインが4%以上と依存度(観光立国度)の高い国となっている。

 国際観光収支の収支のプラス額が目立っているのは、米国を除くとスペイン、タイ、香港、イタリア、フランス、オーストリアといった諸国であり、なるほどなとうなずける国々である。

 逆に国際観光収支のマイナスが目立っているのは、中国、ドイツ、ロシアといった国である。海外でこれらの国の国民が観光客として目立っている訳である。

 中国は10年前は入超だったが所得水準の上昇にともなって、出超に転化した。対GDPの海外旅行愛好度はそれほど高くないが、母数の人口が大きいため、海外旅行支出の規模は2位の米国、3位のドイツを抜き、世界一に達している。中国人の爆買いが世界中で話題となっているのもうなづける。

 日本は、収支がマイナスであるとともに、国際観光からの収入依存比率が0.3%と極端に低い点が目立っている。富士山、瀬戸内海などの一級の自然資源、京都、奈良、広島といった国際的な歴史都市、そして日本的な多国籍都市東京を擁していながら、この程度であるのは残念なことであるし、また開発の余地があるということでもあろう。それでも更新前の2002年の国際観光依存度は0.1%だったので大きな躍進を遂げていることは確かである。それでもなお国際基準から言えば伸びしろがまだ大きいということだろう。

 なお、以下に原データと主な指標を掲げる。

主要国29カ国の国際旅行収支(収支の大きい順)
2013年、百万ドル 同順位 対GDP(%) 同順位
収入 支出 収支 収入 支出 収入 支出 収入 支出
米国 139,569 86,200 53,369 1 2 0.8 0.5 25 28
スペイン 60,435 16,300 44,135 2 19 4.3 1.2 6 23
タイ 42,080 6,700 35,380 6 29 10.0 1.6 2 19
香港 38,940 21,000 17,940 9 15 14.1 7.6 1 2
イタリア 43,912 27,000 16,912 5 9 2.1 1.3 13 22
フランス 56,098 42,400 13,698 3 6 2.0 1.5 14 20
オーストリア 20,106 10,300 9,806 12 25 4.7 2.4 5 9
マレーシア 21,018 11,900 9,118 11 23 6.5 3.7 3 4
インド 18,397 11,600 6,797 14 24 1.0 0.6 23 27
メキシコ 13,819 9,100 4,719 20 26 1.1 0.7 19 26
オーストラリア 30,979 28,400 2,579 10 8 2.1 1.9 12 16
ポーランド 10,938 8,700 2,238 25 27 2.1 1.7 11 18
インドネシア 9,337 7,300 2,037 26 28 1.0 0.8 22 25
スイス 16,547 14,900 1,647 16 20 2.4 2.2 10 13
台湾 12,677 12,300 377 22 22 2.5 2.4 8 8
アラブ首長国連邦 9,204 13,200 -3,996 27 21 2.5 3.5 9 5
オランダ 15,580 20,500 -4,920 17 16 1.8 2.4 16 11
シンガポール 18,953 24,600 -5,647 13 11 6.3 8.1 4 1
スウェーデン 11,485 17,600 -6,115 24 18 2.0 3.0 15 6
日本 14,934 22,000 -7,066 18 12 0.3 0.4 28 29
韓国 14,272 21,700 -7,428 19 14 1.1 1.7 20 17
ベルギー 13,500 21,800 -8,300 21 13 2.6 4.2 7 3
サウジアラビア 7,651 17,700 -10,049 28 17 1.0 2.4 21 10
英国 40,597 52,600 -12,003 8 5 1.5 2.0 17 14
カナダ 17,656 35,200 -17,544 15 7 1.0 1.9 24 15
ブラジル 6,711 25,100 -18,389 29 10 0.3 1.0 29 24
ロシア 11,988 53,500 -41,512 23 4 0.6 2.6 26 7
ドイツ 41,211 85,900 -44,689 7 3 1.1 2.3 18 12
中国 51,664 128,600 -76,936 4 1 0.5 1.4 27 21
(注)アラブ首長国連邦は2012年の値
(資料)観光白書、IMF

(2005年7月16日収録、2015年11月19日更新)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 観光
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)