平均寿命(ゼロ歳時点の平均余命)は年齢別死亡データから作成される値であり、各地域の健康福祉水準を総合的にあらわす指標として重要である。

 ここでは、戦前からの青森と沖縄の平均寿命の推移を全国と比較しながらグラフで観察した。また両県の全国順位の変遷についても図録を作成した。

 原データは厚生労働省の都道府県別生命表(および同2005年付録70000都道府県別平均寿命の年次推移)である。

 沖縄は長寿県、子だくさん県として知られている。子だくさんかどうかを示す合計特殊出生率(TFR)を青森と沖縄について戦前からの推移を図録7300で観察した。そこでは戦前の沖縄のTFRはむしろ全国順位で最下位に近く、沖縄の子だくさんは風土的なものではなく、米軍占領下で戦後日本社会の変化の影響を受けなかった時期が長かったからということが示されていた。

 それでは、長寿についてはどうかを調べたのが今回の図録である。

 結論から述べると、青森は戦前から一貫して平均寿命が全国平均に比して短く、沖縄は戦前から一貫して平均寿命が長い長寿県だったといえる。

 青森の平均寿命は男女ともに2010年段階で全国最下位であるが、戦前から40位以下の低いレベルが続いているのが実情である。1970年、75年には女性は30位台前半まで順位を上げたが、その後、また最下位レベルに戻ってしまった。

 もっとも図録7248でふれたとおり、都道府県間の地域差は戦前から最近へ向けて大きく縮小していおり、同じ最下位レベルであっても、全国レベルに近づいていることも確かである。

 沖縄の平均寿命は2010年段階では男では29位、女では3位である。沖縄の男性の全国順位は1980〜85年は1位、90年〜95年でも4〜5位であり、戦前から一貫して基本的に1位を続けている女性とともに長寿県の名声をほしいままにしていた。こうしたこれまでの実績から人口当たりの百歳以上高齢者数も沖縄が第1位であるため、なお長寿県のイメージは強い(図録1163参照)。

 ところが肥満やそれと関連する生活習慣病が原因だといわれるが、男性の順位が2000年以降、大きく順位を低めてしまい、男性に関しては長寿県ではないといわざるを得ない(沖縄の肥満度が全国1である点については図録7310参照)。上記の結論は最近の沖縄の男性には当てはまらない。

 沖縄の男性の平均寿命の都道府県順位が突如2000年に4位から26位へと急落した状況に関し、沖縄の医学関係者の間では「26ショック」とささやかれたという。しかし、これは、実は戦前生まれの長寿であった世代(コーホート)のウエイトが小さくなって、若干全体の平均寿命の相対地位が低下し多数ゾーンに包含されただけであり予想の範囲内の事態だったとされる(上田尚一「統計グラフのウラ・オモテ 」講談社ブルーバックス、2005年)。

 なお、沖縄の女性の例をとると、同じく全国1といっても、対全国比は、1921〜25年から2005年にかけて、1.17から1.01へと縮まっており、地域差が大きく縮小していたが、2010年にはついに全国3位まで順位を下げてしまった。

 すなわち、沖縄の平均寿命は、合計特殊出生率と異なり、米国統治下の影響(あるいは本土からの影響からの隔離)は認められない。出生率が多分に社会的、文化的なものによる影響が強いのに対して、平均寿命は、栄養・保健医療の技術的な側面の影響が強く、この面に関しては米国統治下でも本土と同じように改善が進んでいたためといえよう(占領下沖縄には本土並みの健康保険制度が存在しなかった影響が少なくとも平均寿命に関してはあらわれていないのは何故かという点についてはなお調べがつかない)。

 なお、ここで取り上げた沖縄と青森については戦前から戦後にかけて全国順位に大きな変化がないが、全国的には、この間、地域によって大きな順位の入れ替えが生じている。この点については図録72537254参照。

(2009年12月27日収録、2013年2月28日更新)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 地域(国内)
テーマ  
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)