所得のうち貯蓄に回す比率(貯蓄率)について、各都道府県の値をグラフにした。

 働き盛りの時に貯めて、引退後にそれを使っていくという一般的なパターンから、貯蓄率は、高齢者が多い地域ほど高くなる傾向がある。しかし、ここでは、勤労世帯を対象としているので地域により大きく異なる高齢化の影響は比較的受けにくくなっていると考えられる。

 最も貯蓄好きな県は福井であり、山梨、秋田がこれに続いている。貯蓄せずに使ってしまう比率が高いのは大分、岩手、宮城の順となっている。

 貯蓄率の地域特性としては、日本海側が高く、太平洋側が低いという傾向が認められる。東北でも秋田、山形が高く、岩手、宮城が低い(前回調査である2009年も同様のパターンなので東日本大震災の影響ではなさそうである)。また、北陸が高く、東海が低い。さらに、鳥取、島根が高く、瀬戸内・四国は高くない(下図参照)。

 都市化との関連では、東京、関西、名古屋といった東西の大都市圏では貯蓄率が高い地域は見当たらないが、かといって特段低いという特徴もない。


 国全体の貯蓄率の動きについては図録4520参照。

(2016年11月2日収録、2017年2月9日貯蓄純増の対可処分所得比率である平均貯蓄率からいわゆる黒字率に貯蓄率の計算方法を変更)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 地域(国内)
テーマ 日本の地域経済
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)