総務省統計局が実施している家計調査により県庁所在都市別の魚肉練り製品3品目、すなわち、揚げかまぼこ(さつま揚げ)、ちくわ、かまぼこの消費額をグラフにした。

 揚げかまぼこ(さつま揚げ)は、鹿児島市が図抜けて消費額が多い点が目立っている。その他、西日本の各都市で消費額が大きいのが特色である。

 「揚げかまぼこ」の名称が地域により種々である点については図録7734参照。

 ちくわの消費額は、鳥取市が最も多く、徳島市がこれに続いている。

 かまぼこは、仙台市が年間1万2千円以上と他地域を大きく凌駕して、非常に消費額が大きいのが目立っている。その他、長崎市、富山市も消費額が大きい。4位は山口市、5位は松江市である。

(2016年12月2日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 地域(国内)
テーマ  
7724 都市別トップ消費食品
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)