酒豪都市トップ3は、盛岡、青森、秋田。下戸都市トップ3は、那覇、岐阜、岡山。ビール党が多い関西、清酒好きの北陸、焼酎好きの南九州、ワイン好きの東京。

 これは、家計調査の各種酒類の県庁所在市・政令市別の年間消費額(購入金額)から見た特徴である。ここで示しているのは家庭で購入する分であり、飲み屋などで消費する分は入っていない(地域別の家庭外の飲酒代については図録7760参照)。

 まず、全国平均の酒類別消費額の構成を下に掲げた。


 酒類計では4.2万円使っており、月平均では、約3,500円である。内訳では、ビールが3割強、及び発泡酒・第3のビールが2割強であり、ビール系の合計で半分以上を占めているのが目立っている。1994年頃はビールの構成比が6割と最大となったが、その後、半減した。一方で急増したその他のビール系は2割までしか伸びていないから合計するとビール系の構成比はやや低下となっている。数量もビール系全体でやや減の傾向となっている。

 ビール系(以下ビールと略)以外では、今や焼酎が16.4%と清酒の14.5%を上回って第2位である。洋酒系では、ワインが6.5%でウィスキーが3.1%とその半分以下となっている。

 ビールは別格として、和酒は、清酒から焼酎へ、また洋酒は、ウィスキーからワインへと日本人の好みが変化した様子は図録0336参照。

 さて、本題の「各地域ではどんなお酒が好まれているか」である。これについては、2通りの示し方をした。まず、冒頭のグラフで折れ線グラフでビールとビール以外、そしてビール以外はその内訳別に各地域の消費額を示した。次に、下に、ビールとビール以外の消費額を散布図で示した。前者では、酒類毎にどの地域で消費額が大きいか、またある地域でどの酒類の消費が特徴的かが分かる。後者では、酒類全体の消費額の大きさ、あるいはビール以外のお酒にこだわりのある地域がどこか、が分かる。

 折れ線グラフの方で目立っているのは以下のような点である。

・京都から高知にかけての関西圏でビールがビール以外を大きく上回る傾向

・焼酎の消費額が多いのは、南九州(宮崎、及び鹿児島、大分)及び西中国(松江、広島、山口)

・清酒の消費額が大きく、また清酒が焼酎を大きく上回っているのは、新潟、秋田、そしてこれに続いて、盛岡、金沢、富山と東北・北陸地域

・ワインの消費額が多いのは東京23区がトップで、これに甲府、横浜、仙台、川崎、札幌と産地の甲府以外はハイカラ都市が主である。

 散布図からは以下のような点が読みとれる。

・図の右上の酒豪都市トップ3は、盛岡、青森、秋田。図の左下の下戸都市トップ3は、那覇、岐阜、岡山

・ビール以外がビールを上回っている都市は、酒類の消費が大きい順に、秋田(ビール以外の特徴は清酒・焼酎、以下同様)、東京都区部(ワイン)、仙台(清酒、ワイン)、甲府(ワイン、焼酎)、宮崎(焼酎)、さいたま(清酒、ワイン)、千葉(焼酎、ウィスキー)、横浜(ワイン、清酒)、宇都宮(焼酎)、水戸(清酒)、鹿児島(焼酎)、前橋(清酒、焼酎)


(2014年2月14日収録)


[ 本図録と関連するコンテンツ ]



関連図録リスト
分野 地域(国内)
テーマ 飲酒
7724 都市別トップ消費食品
図録書籍 図書案内




既刊第1弾


既刊第2弾
アマゾン検索

 
(ここからの購入による紹介料を通じたサイト支援にご協力下さい)